« 高血圧の管理 | トップページ | 汗と神通力 »

寺と写真

先日の長崎旅行。何度も行ったことのある街だけれど、いつもは車や貸切バスだったから、あれだけゆっくりさるいた(歩いた)のは初めてでした。車ではない分だけ日ごろ行かないところを選択し、電車で郊外の終点まで行った後、崇福寺から諏訪神社まで、朝8時半からお昼までかけて順番に寺周り。崇福寺と亀山社中と諏訪神社が一番階段が多くて大変でしたし、親鸞聖人の像がじっとこちらを見つめる大光寺には一瞬固まりましたが、とても充実した半日でした。

で、せっかくだからと大量の写真を撮ったわたし。独りでスマホを構えながら、不安感に苛まれました。最近は、どこでも誰でもスマホで写真を撮るのが当たり前です。誰に断ることもなくあちこち勝手に撮りまくってSNSにアップする。だからとりあえず昔の写真機とは比べ物にならないくらい大量に撮る。でも、「いいのかな」と不安になります。仏像やら拝殿やら普通に構えてパチパチと…これは礼儀知らずな『無作法』ではないのか? そんなことしたら、ご利益がなくなるのではないか? これでは、マナー知らずの某外国人観光客の見るに耐えない振る舞いと何ら変わらないのではないか、と。

そんな思いがして、ひとりでこっそりと「撮らせていただきます」「すみません。お邪魔します」とお断りのひとりごとを云って回ったこと、きっと誰も知りますまい。それでも、さすがに親鸞聖人の前ではスマホを構えることすらできず、下から笠の下の顔を拝んでじっと合掌するのがやっとでした。

|
|

« 高血圧の管理 | トップページ | 汗と神通力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高血圧の管理 | トップページ | 汗と神通力 »