« ネットの弊害 | トップページ | 危険因子の認知度 »

良いところを見つけましょうよ。

「今回は、特に悪いところはありません」

常連の受診者さんの事前カンファレンスをすると、良い結果だった時に保健師さんが決まってこんないい方をするんです。良くなっていない時とか悪化している時にはもちろんそのことをいの一番に報告してくれるのですが、良くなっていると良くなったことを指摘しないって、どうよ。

「何か、1つでもいいからまずは良いことをみつけましょうよ。アラ探しが人間ドックではないのですから」「良くなっているのなら、何をしたのが一番効果があったのか分析して教えてあげてください」

今年度はこういう切り口で予防医療の手助けに従事しようかなと考えております。日常生活でもそうですが、特に健康に関わる仕事においては、相手の良いところ探しは骨の折れる作業だと覚悟しています。もともと、悪いところを探して修正してもらうのがわたしたちにあてがわれた使命だったりするので、ホメ殺しに慣れていないし、実際ホメ殺しできる要素の少ない人から良いところを見つけてホメると白々しく感じるかもしれません。私たちのサガとして、良いところよりも悪いところが目につくし、良いところが目の前にあっても気づかない。それはとっても寂しい性分なわけで、これを改善できれば自分にも必ずプラスになるはずだと思うのであります。

|
|

« ネットの弊害 | トップページ | 危険因子の認知度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットの弊害 | トップページ | 危険因子の認知度 »