« 忘れたふりをしてみた。 | トップページ | 理想の体型 »

専門医監修?

昨夜、テレビ番組を見ていました。某タレントさんの肩こりや背中の痛みや手のしびれなどが心筋梗塞の前兆だったこと、それに気付かずに心筋梗塞になることがあるという警鐘を鳴らす健康番組でした。この時に、「心筋梗塞は命に関わる危険な病気です。数年前にはJリーガーの松田選手が心筋梗塞で突然死しました」というナレーションを聞きながら、「それは違うぞ」と独りで突っこみました。松田選手が心筋梗塞だったことも突然死したことも間違いはありませんが、彼の場合はちょっと状況が違う。ここで引き合いに出すべき名前ではないと思いました。他にも心筋梗塞に罹った芸能人はたくさんいるのに、ほとんどが生存しているから、命を落とした松田選手が一番インパクトが強いと考えたのでしょうか。

「この番組、ちょっと詰めが甘いんだよね」と妻も批判していましたが、今、世に氾濫している健康番組は、どれもいかにインパクトが強いか、重箱の隅をつつくかのようなきわめて特殊な病気の例を紹介できるかを競っている気がします。こういう番組で重要なことは、ちゃんと専門家が内容を監修しているのかどうかなわけで、そこに有名な専門病院の名前が出ることで内容が担保されています。でも、概ね、名前の挙がる専門病院の医師はいつも大忙し。番組の内容の細かなチェックなど、おそらくしていますまい。

うちの職場でも、ある企業のお客様向け機関誌の健康コーナーの監修を依頼されています。月に一回原稿が回ってきます。最終チェックを医師がしますが、ほとんどインターネット記事からコピペして並べただけのその文章は、決して質の高い内容だとはいえません。でもだからと云って全てを書き直してあげるほどの余裕は到底ない。「ま、間違ってはいないからいいか」という妥協の仕方で印鑑を押すのですが、この行為によって、「この文章は専門家のお墨付きをもらった内容です」というより、「専門医が書いた内容です」と勘違いされてしまうことになりかねません。とっても不本意で不名誉なことだから、極力関わらないように逃げていたい、といつも考えています。

|
|

« 忘れたふりをしてみた。 | トップページ | 理想の体型 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れたふりをしてみた。 | トップページ | 理想の体型 »