« 進化は退化(中) | トップページ | 自分に余裕があったら »

進化は退化(後)

(つづき)

現代社会の便利さは電子マネーにとどまりません。むかしは誰でも10件以上は覚えていた電話番号は、携帯電話やスマホに覚えさせた時点でアタマの中から消えてなくなりました。カーナビは、地図をくるくる回しながらあーだこーだと道順や現在地を想像する作業を奪い取りました。運動欲のない人間、たとえ2階に用事があっても遠く離れたエレベーターを探しに行きます。方や認知症予防のために運動が奨励され、電子マネーを駆使する都会人はいつも歩きまわっていると主張し、毎日通うフィットネスジムのフロアまでは階段ではなくエレベーターを使う現代人。基本的に、健康のための運動は決して健康に導かれず、便利を追い求める限り人間はますます退化を加速させるのだろうと感じます。

かといって、認知症予防を目的に小銭入れを持ち歩き、携帯やスマホを持たず、とことん階段を使う人間は、現代社会においてはかなりの変人です。一番大事な周りとのコミュニケーションの維持にどう影響するだろうかとも懸念するところ。

「考える」「動く」という努力をしないと、「要らなきゃ捨てますよ」とばかりに簡単に破棄されてしまうのが自然の摂理です。昔から想像されていた頭でっかちな宇宙人のような未来人の予想図はホントは間違いで、頭も小さくて空洞になっていたりするのかもしれません。

認知症など何ら興味ないであろう若い世代のみなさん、お気をつけあれ。

|
|

« 進化は退化(中) | トップページ | 自分に余裕があったら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進化は退化(中) | トップページ | 自分に余裕があったら »