« コピペ | トップページ | 講演覚え書き »

労災認定?

企業健診の一環として人間ドックを受診する人もたくさんいます。彼らは、受けたくもないのに無理矢理検査されている、という認識の人が少なくありません。

先日は空腹時血糖400台の40歳代前半の男性が受診しました。毎年血糖値が300~400で推移しています。毎年必ず『要治療』の判定で紹介状が発行されていますがずっと”放置”。うちの施設はかなりしつこく受診勧奨しますが、必ず『忙しいから』という理由で受診を拒否されてきました。きっと、何の症状もないし、受診したら治療させられたり食事制限させられたりするに決まっているから鬱陶しいのだろうと推測します。

そんなデータを眺めながら(労安法の法定健診は簡単な項目ばかりですから結果が出た頃にはすでに帰宅しています)、この人はおそらく遠くない将来、何らかの病気で倒れるだろうと思いました。大した前触れもなく心筋梗塞や脳梗塞になるやもしれんし、高血糖に伴うケトアシドーシスとか意識障害とか心不全とか、それがなくても将来は人工透析だろう、と。

で、どうなのでしょう?そんな時、こういう人も労災認定を受けるのでしょうか? 従業員の健康管理は雇用者の義務なのだから、無理に病院受診させなかったのは会社の怠慢だとも云えるし、本人は「仕事が忙しくて」と云っているのだからこんな値なのに仕事を休ませなかった会社が悪い、と訴えたらやっぱり訴えが認められるものなのでしょうか? 個人情報だとは云え、会社からの依頼でうちで健診をしている以上、結果は雇用者に伝えられ、会社からも何らかの勧奨があっているはず。うちのスタッフの勧奨を拒否しているのと同様に、会社にも「大したことはない」「自分の勝手でしょ」と拒んでいる可能性はかなりあります。それでも、何か起きたら、個人の責任ではなくて会社の監督責任の問題になり、給料保証や治療費保証をさせられるのだとしたら、なんか理不尽だなあと思ったりします。

まったくもって、要らん世話ですけど。

|
|

« コピペ | トップページ | 講演覚え書き »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コピペ | トップページ | 講演覚え書き »