« タバコと筋骨格系損傷 | トップページ | 語録の備忘録:運動教室の弊害 »

語録の備忘録:減塩

いまだに「冷奴には味がない」と思い込んでいる人がいます。

わたしが冷奴に醤油をかけないことは有名です(そうでもないかしら)が、先日そんなことを人間ドックの結果説明をしている時に話したら、「信じられない」という顔で「あんなもん、味なんてないでしょ!」と思わず叫んだ男性。

遠い昔、わたしの職場の同僚に「健康のためにとはいえ、おいしくもない食べ方をするのは愚の骨頂だと思う」と云われたことがあります。今思えば、彼の云っていることは蓋し正論だと思います。ただ、間違っているのは、「おいしくもない食べ方」だと思い込んでいたことでしょう。この味がわからないとしたら、それは味覚が鈍麻していることに他なりません。

何度も云います。冷奴(絹ごしのことではありません。わたしはあれを豆腐とは呼んでいません。あくまでも木綿豆腐のことです)は、それ自体が甘くてとても深い味わいのある美味しい食べ物です。是非とも、最初から「味がない」と思い込んで口にするのではなく、できるだけ味わおうという想いを持って甘い大豆の味を少しずつ意識して味わってみていただきたい。必ず、その味の虜(とりこ)になると思います。

|

« タバコと筋骨格系損傷 | トップページ | 語録の備忘録:運動教室の弊害 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タバコと筋骨格系損傷 | トップページ | 語録の備忘録:運動教室の弊害 »