« うたた寝と居眠り | トップページ | 今どきの食 »

健康と健全

今日は、2年ぶりの健康講話。まあ、好きに話せば良いらしいから気は楽ですけど、でも夕方まで仕事した後に90分も話せるかしら。

わたしがここで話したかったのは、「健康」と「健全」の違い。

WHOによると、『健康とは、単に病気ではないとか、虚弱ではないとかいうものではなく、肉体的にも、精神的にも、社会的にも、すべてが満たされた(安寧な)状態にあることをいう』と定義されていました。健全については、『身体と精神の両方が健やかなこと。考え方や行動に偏りがなく、調和がとれている状態』と、書いてありました。

これ、何が違う? 一緒? こんなことで悩んでいたときに、所ジョージさんのコラムがフェイスブックに出ていました。

『たとえばの話、体にいいって聞いたものを並んで手に入れたとする。人より先に手に入れて、サプリメント飲みながら仕事する、みたいな。でもそれって不健全じゃん。

「健康」より前に「健全」を考えないと。トースターで焼いたパンをそのままかじって家を出るんじゃなくて、皿を置いて、紅茶を淹れて、バナナを添えて。ゆっくりした雰囲気のなかで食べるってことが健全なの。

面倒くさいけど、皿を洗うとか、雑巾を絞るとか、そういう刺激が大事。冷たい水は触らない、いいところだけを口に入れる、っていうのは健全でも健康でもないと俺は思うのね』

これ読んで、合点がいきました。今日の講話は、これでいきましょう。

|

« うたた寝と居眠り | トップページ | 今どきの食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うたた寝と居眠り | トップページ | 今どきの食 »