« 日常で心得ていること~夜中には考えてはいけない | トップページ | 日常で心得ていること~忘れる »

日常で心得ていること~どんなに眠くても朝は起きる

先日の日曜日の朝、妙に眠くて頭が重く、とりあえず目覚まし時計が起こすのに合わせて起き上がりはしたけれど、このまま階下のソファでもう一眠りしたいなと心底思ったことがありました。前夜はいつもより早くに床についたけれど、ラグビー観戦やゴルフ観戦やサッカー応援やで酒を飲み過ぎたせいできっと深い眠りになれなかったのでしょう。だから、正直なところ、平日通りに朝6時に起きたことを後悔しました。

こんなことは平日でもよくあること。やらなければならない仕事が終わらずに夜中の2時頃床についたとか、早寝したけど何度も目覚めて熟睡できなかった日の翌朝とか。でも、私はとにかく定刻で起き上がることにしています。それは休日でも同じ。起きておしっこに行った後、いつものようにワンを庭に出したり朝ご飯をあげたり、洗濯物を干したり分別ゴミを出しに行ったりしているうちに、きっちり目が覚めて頭もすっきりすることを知っているから。日曜日も、結局そのままワンの朝散歩などしてきたら嘘のように冴えてきて、夜まで元気よく動き回ることができました(昼下がりに15分ほどうたた寝しましたが)。

生活リズムのリセットは必ず朝、朝日を目に浴びることで体内時計をリセットさせることから始まります。理屈はよくわかっているし、睡眠の質をあげるためには絶対に守るべき基本中の基本なのですが、やっぱり、どうしても起きなければならないわけではない休日の朝は、葛藤がありますね。若い頃ほどは眠ることへの渇望感は少なくなりましたし、むしろ長く寝ると腰が痛くなるから起きざるを得ないのですが、「とりあえず起きる」という行動さえできれば、その後の一日がいかにスムーズになるか、体感としてわかる今日この頃です。

 

|

« 日常で心得ていること~夜中には考えてはいけない | トップページ | 日常で心得ていること~忘れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日常で心得ていること~夜中には考えてはいけない | トップページ | 日常で心得ていること~忘れる »