« 同窓会 | トップページ | 事前登録 »

元旦休業

コンビニやデパートが元旦に休業すること自体、わたしは賛成ではあります。

コンビニやデパートが1月元旦に完全休業するのしないのと騒いでいます。大手コンビニ業界はまだ試験的に一部で休ませることは考えても、全国のすべてのコンビニを休ませる気はないようで、人手不足で難渋しているコンビニの店主たちは赤字覚悟の開店をすることをボイコットしたい!と抗議活動を始めました。

そもそも、コンビニは”セブンイレブン”・・・朝から夜まで開けている(朝7時~夜11時まで)というコンセプトなのだから、24時間営業自体が不要なのではないか、人手も足りないのだからこの際思い切って夜中の営業を止めればいいのにと思っていましたが、これはそう簡単ではないことを知りました。コンビニが24時間営業であること前提でそれに合わせて商品を作る工程やら運搬のトラックの運用やら、流通業界の運用自体を根底から変えなければならないからです。

でも、元旦だけを完全休業することくらい簡単でしょ。私たちの年齢は昭和の時代に正月三が日に店が開いていないのは当たり前だった世代で、だからお節料理を作り非常食用にカレーやおでんやカップ麺を買い込んだりしたわけです。平成になってもコンビニが元旦に開いているなんて特殊でした。昔から元旦はゴルフに行きますが、当時は店もゴルフ場の食堂も開いてないから家からおにぎり持って手弁当でゴルフするのが当たり前でした。「年末年始も仕事しているからコンビニがないと困る」「里帰りしないから食べるものがない」という連中でも、年末のうちに食材買っておけば何ということはない。「独り暮らしの老人はコンビニが頼りらしいからかわいそう」とか云っている若奥さん、彼らこそ昔を知っているから大丈夫ですよ。

働き方改革。ほんの2,30年前の正月に戻ることは決して経済の退行ではありますまい。今後コンビニを健全な経営にさせるとっかかりとしても、令和最初の元旦の風景がどうなるかがとても楽しみです。
 

|

« 同窓会 | トップページ | 事前登録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同窓会 | トップページ | 事前登録 »