« 喫煙者は痛がり | トップページ | メタボとフレイル »

優しい灯り

わが家では、家中の電灯を消したとき、階段の滑り止めがほんのり明るくなる。
家を建てた27年前からずっとそうである。

「へえ、すごいですね、これ」と云ったら、「今から作る家はどこでもみんなこうですよ」と当時の住宅会社の人が云っていたから、現在ではもっとすごいのかもしれません。

そういえば、二階の部屋の電灯(これは27年ものではありません)も、消すとしばらくほんのり明るいまま。消した後に移動できるように、すぐに真っ暗闇にならない心遣いなんだな。

若い頃はこんなの贅沢以外の何物でもないと思っていたけれど、歳を取ると本当にありがたいと思う。こういう細かいところの心遣いを再認識できると、日本に生まれて良かったな、と思います。

 

|

« 喫煙者は痛がり | トップページ | メタボとフレイル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喫煙者は痛がり | トップページ | メタボとフレイル »