« かばん語 | トップページ | 口腔機能低下症 »

恐ろしい日々

毎朝がとても恐ろしい、というのが正直な気持ちです。

熊本市は毎日新たな感染者が出ているとはいえ、ほぼ感染経路が追える患者さんばかりなので、街中や公共交通手段を利用せずに毎日標準予防策を遵守しておれば感染するはずがない、とは分かっているのです。でも・・・怖い。

毎朝毎晩検温して体調とともに申告するのが決まりです。朝の検温で熱が上がったことなど一度もないのにいつも数字を見るのが怖い。時々スパイク状の発熱パターンを示してすぐ治まるのが特徴だとか聞くと、たまたま発熱した時に検温してないだけかもしれないとか思う。朝起きるとすぐに喉がモヤモヤする。寝る前にハメていたはずのマスクはすぐにどこかに外れ、夜中に小便に起きるたびに付け直す。だから口開けて寝ているせいだと思うけど・・・昨日の朝は通勤の運転中に急に痰が絡んできた。こんなことは最近では初めてだ。コロナは粘稠性の痰が特徴だと聞いたことがある。心配でしょうがないので運転中ずっとのど飴を舐めていたら一応落ち付いたので安堵した。変な空咳が逆流性食道炎の症状でいいのか自信がない。何か寒気がする。急な気温変化があっているけれど、これが寒気なのか寒いだけなのかの区別が付かない。その時に検温しても平熱だから、寒気ではないだろうと思う。何かふらふらすると、それが体調不良なのかお腹が空いているだけなのかの区別が付かなくて不安になったりする。

ゴルフ仲間に、あちこち出張で県外に出て行く人が居る。「オレは免疫力をつけているから大丈夫だ」と豪語していると聞く。意図的に彼から距離を置くようにしているが、私の妻の友人は彼と親しいので良く会うようだ。となると、彼が感染したら私はその濃厚接触者の友人の夫だから、間接的に接触者ということになるのではないか。だとしたら14日間自主的に仕事を休む必要があるのではないか。そういえば妻は先週彼と直接会ったと云っていたから、私は濃厚接触者の夫ということになるのか?人間ドック受診者の皆さんは受付で体温チェックや問診チェックを受けているけれど、それでもどんな人が居るかも分からない。世間のスーパーや公園には県外からきた人や都会から呼び戻された子どもや夫も居るに違いない。なんか、生活する上で周りが全部信用できなくなってくる。

あ~不安だ。医療者であってもこれだけ不安なのだから、世間の皆さんの不安感はもっとすごいのかもしれない。昨日は産業医出勤にタクシーを利用したし、夕方には学校検診の心電図判読作業も依頼されて担当者と一緒にやった。あと2週間は何が起きてもおかしくはないぞ! テレワークにすることはできないのだろうかー!

 

|

« かばん語 | トップページ | 口腔機能低下症 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かばん語 | トップページ | 口腔機能低下症 »