« そんなことはない? | トップページ | エビデンスの否定 »

緑茶

最近、夕食の後などに無性に喉が渇くことがあります。休みの日の昼下がりなどにもときどきそうなります。

でも、そのときに冷蔵庫に冷やしてある2リットルのペットボトルに入ったお茶を飲みたい気持ちになれません。なぜだか、これを飲んでも満足する状態が想像できないのです。別に、炭酸飲料やアルコールを欲しているわけでもありません。冷たい水はOK。麦茶なんかはなおさらOK。

どうしてなのでしょう? カフェインが入ると利尿作用が強くなることを身体が知っていて、「いまはそれじゃない」と拒絶しているのでしょうか? でも、たぶん、コーヒーなら飲む気がするから、カフェインとか関係なさそう・・・全く逆に、麦茶はイヤだ、緑茶がほしい!と感じることが昨年にはあった気がします。何が作用しているのかなぁ。

めちゃくちゃ焼酎が飲みたくなるときと、日本酒なら飲むけど焼酎なんか見たくもないと思うとき(最近はこっちかな)があるのだけれど、それと同じだろうか? 

ま、いいや。とにかく、水分補給を何の苦も無くできる幸せな日々に感謝しているところです。

 

|

« そんなことはない? | トップページ | エビデンスの否定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そんなことはない? | トップページ | エビデンスの否定 »