« 今日は9月9日 | トップページ | マスク美人 »

マスクの夢

昨日はご機嫌な夕食だったおかげで21時半には就寝し8時間睡眠でした(まあ、1時間毎におしっこ起床はしましたが)。熟睡はしましたが、途中で妙な夢をいくつか見ました。

一つは東京のどこかの駅構内(JRなのか私鉄なのか定かではない)の夢。ものすごい数の人で雑然としているのですが、ほとんどの人がマスクをしていない。していないおじさんが怪訝そうな顔でマスク姿の私をのぞき込んで通り過ぎる。「いいのか、こんなことで!」と愕然としながら歩いていたら目の前のガラスに映る自分の姿を見て愕然としました。なんと、私もマスクをしていないのです。「げげ、こんなところで無防備にマスクしてなかったら、感染するじゃないか!」と驚いたところで目覚めました。

次には大学時代の同級生が出てきました。今度は私はちゃんとマスクをしていました。彼は私を呼びかけるなり、「こんなマスクでも通用するのかな」と言って、隙間だらけの向こうが透けて見えるようなガーゼマスクを差し出しました。「これじゃやっている意味ないだろ」と突き返したら、「ふーんそうかなぁ」と内科医らしからぬことを呟きましたが、「じゃこれは?」と今度は小さな鼻眼鏡のようなおもちゃを出しました。「こんなのどこで買ってきたの?これじゃ、そもそもマスクじゃないし」と答えたら、今度は何も答えず受け取りました。そんな彼はマスクをしていませんでした。

わたし、ちょっと、マスクうつになってきているのでしょうか。

 

|

« 今日は9月9日 | トップページ | マスク美人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は9月9日 | トップページ | マスク美人 »