« 夏休みは何のためにある? | トップページ | マスクの夢 »

今日は9月9日

今日は『救急の日』というより『重陽の節句』というより『湘南ベルマーレ戦の日』というより、やはり我が家では『インディの命日』。我が家の長男犬が玄関タイルの上に横たわって息を引き取った・・・あの時にも玄関で一緒に寝たなぁ。「あなたは仕事があるからベッドで寝てください」と妻に言われて途中からその場を離れたから、最後の姿に立ち会うことができなかったけれど、それまでの1週間、ずっと横に添い寝して勝手にいろんな会話を交わした・・・そんなことを思い出す日。

最近、今の愛犬セイラがよく寝るようになって、夜中には時々ボーッと立って自分がどこにいるのか分からなくなる時があるようだ。私が朝起きても数ヶ月前までのように一緒に起き上がって階下まで付いてくることが少なくなり、「目は覚めていますよ」と言いたげに横たわったまま尻尾だけは振る。歳取ったなあとつくづく思う。もっと日頃に刺激を与えてやらないとホントにボケそうだ。

そんな彼女が、昨夜夕食の後で急に立ち上がってじっと階下を眺めていたから、もしや、インディ君の気配があったとか?と、親ばかチャンリンは思ってしまうのであります。

こんな日に、頼んでおいたお酒が届いた(7日に予約していたけれど台風のために集配を停止していたY運送会社から)ので、やはりこれは、インディ君を忍んで一献いただきながら合掌!かな。そんな横で、すでにセイラは爆睡中。そんなセイラの誕生日はインディ君が逝って2ヶ月後だから、夫婦で勝手にインディ君の生まれ変わりと決めた・・・ということは、セイラ姫の歳はもうすぐ12歳か~。

 

|

« 夏休みは何のためにある? | トップページ | マスクの夢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みは何のためにある? | トップページ | マスクの夢 »