« HSP気質 | トップページ | ロスへの心構え »

わたしの性格

HSPの自己診断テストに全く合致しなかったわたしですが、さほどズボラな性格とも思えません。細かいことに執着して何事も几帳面・・・世間でわたしのことをそう評価していると思いますが、それは多分合っています。

「あなたは、几帳面だけど、繊細ではないよね」と妻が云う。「その失礼な云い方はなんとかならんのかい?」と内心カチンときましたが、云っているとは間違っていません。でも多分、彼女が云いたいのは「何でも思ったことをストレートに云う」性格のことをいっているのでしょう。「どうしてそんな云い方するの?」と良く彼女が云う。「別に間違ったことなんか云ってないでしょ」と反論すると「云い方にデリカシーがない」と・・・そこが”繊細さに欠ける”という評価のポイントなのでしょう。

まあ反論はたくさんあるもののそれはさておき、自分の性格を自己分析する機会が多い今日この頃・・・自分の性格をひとつ挙げるならまず『自分に負けたくない』ということばが出てきます。わたしは若い頃から他人と競うのが得意ではありませんでした。負けず嫌いな性格なのだとは思いますがそれを表に出すのが好きではありませんでした。自分に自信がなかったからでしょう。他人に認めてもらえるのはとてもうれしいから頑張ることは頑張るけれど、他人に勝つことに快感は得られませんでした。ただ、自分には勝ちたい。というか、自分が決めたことは最後までやりたいという思いは人一倍強く、「自分にだけはウソをつきたくない」という気持ちに裏打ちされています。

若い頃のわたしは、自分が嫌いでした。すぐに自分にウソをつくから。できなかった理由を自分で見繕って、自分で自分に正当化させようとすることが多かったから。「自分の決めたこと」を他人に明言するわけではないのだから、やりとげたかどうかは自分だけが分かることなわけですし。最近は、できなかったことは「できなかった」と素直に認めるようになりました。やると決めたことができなかったことは自分に負けたことになるのかも知れないけれど、それでも今の自分の方が好きです。できなかったことは認めるけれど、その後もこっそりできるまで頑張るのが自分の性格だと知っているから。あるいは、次はできるような目標に換える勇気があることを知っているから。

 

|

« HSP気質 | トップページ | ロスへの心構え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HSP気質 | トップページ | ロスへの心構え »