« 便秘うつとコロナうつ | トップページ | 今年の10大ニュース? »

年賀状

先日やっと年賀状を書きました。

昔は12月の初めには書き上げていました。それも今の倍以上の枚数なのに。小学校の頃からずっとそうでした。前もって計画的に物事をこなすのがわたしのモットウでしたから。でも徐々に取りかかるのが遅くなり、今年はとうとうこんな時期になりました。

もっとも、いつもは単に後回しにしていた(講演準備やコラム書きや職場の年度末の諸々やで何かと忙しくて)だけですが、今年は事情がちょっと違います。職場の役職を退いたし講演はお断りしている(今年はそれでなくても集合的講演会は軒並み中止でしたが)ので時間は十分あったのですが、未来予想の年賀状自体を前もって今書いて出しても大丈夫だろうか?という懸念があって、取りかかれなかったのです。

そうです。新型コロナです。「家族皆無事に新年を迎えることができました」とか書いてもいいのだろうか?という思い。先日も老健施設で大量のクラスターが生じ、それに関連する濃厚接触者、濃厚接触者の接触者・・・と伝っていくとわたしの周りにも無関係のひとだけではなくなっています。大都会はみんなこんな感じなんでしょうか。

そもそも、年賀状というのは、静かに明けた新年(世間で大騒ぎしているけれど、昔は正月三が日は何もかもがストップして家でも火を使わないし店なんかどこも開いてないのが当たり前でした)にこたつに入りながらゆっくり書くもののはずで、未来予想のウソつきメッセージを新年早々に配達させる習慣になったのは旧郵政省の策略なんですよね。今年(来年)の正月なんか、何もすることがないのだから、原点に戻ってみる良いチャンスだったのかもしれませんね。でも、そんなヒマな元旦に年賀状が届くから嬉しいのですもの。そのためには年末のウチに予測ウソつきハガキ書くしかないのですもの・・・だから、書いた以上は元気に正月を迎えなければなりません。最大限の注意を払うことにいたしましょう。

 

 

|

« 便秘うつとコロナうつ | トップページ | 今年の10大ニュース? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 便秘うつとコロナうつ | トップページ | 今年の10大ニュース? »