« お独り好き | トップページ | ウイズコロナ時代の運動ガイドライン »

集団の暴力

今日は日曜日だったので、1時間ほど遅めの朝散歩に出かけました。

散歩コースの江津湖公園には大人数の野球のユニフォーム姿の高校生たちが見えました。日曜なので公園を使って部活のトレーニングをしているのだろうと思われます。大人数がぞろぞろと歩道いっぱいに広がって歩いているので通行人やジョギングをしている人たちは歩道から外れて避けて通っています。愛犬と一緒に近づいて行ったら草原で指導者らしき人の話を直立不動で聞いていた彼らが徐ろに集団で歩道の反対側に移動し始めました。大量の高校生たちがぞろぞろと我が物顔で大移動。歩いていた人たちが立ち止まるか、縫って歩くか・・・「何やってるんだ、こいつら?」と思いながら、”退けこの野郎!”的なオーラ満載で愛犬と直進するわたし。ちょっとたじろぎながらそれでも横切ろうとするヤツらに「止らんか、おまえらバカか!」と恫喝(マスク越しだから聞こえたかどうか不明)。その直ぐ後ろには指導者らしき若者も歩いているのにほとんど無視、だから「信じられんな、こいつら!」と聞こえるように大きめの声で云ってやったけれど・・・たぶん、自分たちのことだとは感じていないだろう。むしろ、「だらだらせずにさっさと準備しろ」と云わんばかりの表情で、公園利用者の迷惑なんか眼中にない様子。ムカムカしながら歩いていたら、今度はその彼らが列をなしてランニングで向かってきます。これまた我が物顔に歩道を占拠して勢いよく走ってくるもので、通行人が慌てて脇に避けたり、集団に後ろから巻き込まれて右往左往する老人まで居ます。もちろんわたしは避けたりしませんが、その勢いに負けて愛犬が歩道の外に落ちてしまいました。「大丈夫か?こんなヤツら、いちいち避ける必要ないぞ!」とまた聞こえるように云ってやった。

この子たち(あるいは指導者も)、学校の校庭と同じだと勘違いしているのだろう。あんたたちは、ここが公園利用者が優先の場所だということを誰からも教えてもらっとらんのか? まあ、あの指導者(わたしは高校野球に興味がないけど、この高校は熊本の強豪校だからこの男もこの世界では有名な人かもしれん)の表情見る限り、こいつが教えてるとは到底思えない。あんたに云うとくぞ。最低限の社会常識もちゃんと教えられんで野球だけ強くさせても意味ないぞ! 社会人教育があんたらの最大の仕事なんじゃないんか?

面と向かって注意すべきだけれど、なんか目つきが怖かったし、こいつに云っても「この爺、何云ってんだ?」て顔されそうだったから、ここでこっそりディスってやったわ(笑)

|

« お独り好き | トップページ | ウイズコロナ時代の運動ガイドライン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お独り好き | トップページ | ウイズコロナ時代の運動ガイドライン »