« 老いは突然に!?(2) | トップページ | 何のために報道する?(後) »

何のために報道する?(前)

月曜日(成人の日)の夕方に夫婦でワン散歩していたら渡線橋の上をけたたましい音量で軍歌を流しながら右翼団体らしい街宣車が通り過ぎていきました。成人の日って彼らの心を煽る何があるのだろう?とか思ったけれど、単に「国民の祝日だから国旗を揚げろ!」的なパフォーマンスなのかしら。音のする方に目を向けながらずっと車を追いかけている妻に「いちいち見ちゃダメ。彼らは自分たちを注目してもらうために大きな音出している暴走族と発想は同じなんだから、見てしまったら彼らの思う壺。無視ムシ!」と忠告。

首都圏に緊急事態宣言が発令されて最初の週末、かつ成人式の日。どのテレビ局も銀座や渋谷や新宿やと人手が出てきそうなところにカメラを繰り出させては「前回の緊急事態宣言の頃と比べたら何倍も多い」とか「日ごろと同じような密です」とか、いちいち報道していました。成人式が中止になったり制限されたりしているのに晴れ着姿の若者が屯している風景とか、今年も出ましたお騒がせ暴走ニイちゃんたちの所業とか・・・あるいは緊急事態宣言による飲食店の気持ちのインタビューとか、まったく想定内のそんな風景をどうして報道するのだろうか。別に知らなくても困らないことばかり。しかも、どうせ街に繰り出したり大騒ぎしたりする連中はテレビなんか見ないし、テレビ見ている連中が「なんだみんな出てるんだったら意味ないじゃない。私も出よう」と考えるとは思わないのかしら。こういうものは基本的にすべて無視して、一切テレビカメラなんか持ち込まないようにするのが一番だと思います。「真実をありのままに映し出すのが報道の責務」とか云っているけれど、本当はその絵が視聴率を上げるからしている週刊誌的発想なのは明白であって、視聴者は実情なんか知りたくもないに決まっているんだ!と憤慨中。

 

|

« 老いは突然に!?(2) | トップページ | 何のために報道する?(後) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老いは突然に!?(2) | トップページ | 何のために報道する?(後) »