« 学問はあくまでも経験則 | トップページ | 爽やかな朝 »

リモートマラソン

昨日(2月の第1日曜日)は本来なら別府大分毎日マラソン大会が開催される日でした。中学生時代の同級生が毎年東京から駆けつけて参加するのでそれを口実にプチ同窓会を開催するのがこの日の決め事でして、それ(マラソンではなく、宴会の方)に参加したくて2月第1日曜日の翌日の月曜日(今日)は有給休暇を取るように年度初めから予定しています。もっとも、天候やら体調やらで実際にわたしが参加できたのは1回だけ、しかもその日だけ同級生は帰って来れなかった(笑)・・・でも、地元大分でのお祭り(子どもの頃は沿道に出て応援していた歴史ある大会)の空気を感じられただけでちょっと嬉しかったことを思い出します。

そんな大会も、今年は開催そのものがコロナ禍で中止(「延期」ですけど2022/2/6に延期だから実質的な中止)。新人ランナーの登竜門として人気のマラソン大会だったのですが・・・。そんな中、リモートマラソン大会(別大チャレンジ2021)が開催されています。このリモートマラソンの考え方は一気に市民権を得てきました。いつ終局するか分からな新型コロナウイルス感染症ですが、1年経っていつまでも指をくわえて待っているなんてことはしない。走りたくてウズウズしている人たちは、走りを楽しむためにちゃんと新しい時代のチャレンジを考えつくモノなのですね。残念ながら、お祭りにつきものの走った後の打ち上げ宴会だけができませんが、もうそっちの楽しみ方はリモート飲み会としてとっくに定着しています。

最近、人間ドック受診者の方の中に「毎年熊本城マラソンに参加するために走っていたけれど、今年は開催されないので走るモチベーションもなくて、太ってしまった」と言い訳する人がたくさんいます。そんな皆さんへ。まだまだリモート大会たくさんありますよ。現地に行かなくても良いのだから、走る気持ちがあるのなら参加を検討してみたらいかがでしょうか? もっとも、イベント参加はただ単に走るだけが目的じゃないところがありますものね。この時にだけ再会できる遠方の走り仲間だったり、沿道で応援する知り合いとのハイタッチだったり、街を上げてのお祭り空気だったり・・・その醍醐味は全くないのだから、その中で走るのは、日頃のトレーニングと何ら変わらないと感じる人も少なくないのでしょう。ま、ものは考えよう。何もできないことへの言い訳考えるよりは何かできることを考えて、コロナ禍を楽しみましょう! 

とはいえ、結局別大マラソンも中止になったし、そもそも県外移動自粛期間中でもあるし、予定していた有給休暇はキャンセルして、今日も朝からしっかり仕事してきました。

 

|

« 学問はあくまでも経験則 | トップページ | 爽やかな朝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学問はあくまでも経験則 | トップページ | 爽やかな朝 »