« ビタミンA | トップページ | 八方塞がり »

スイッチオフ

「あなたの理解できないところは、あれだけ多動児なのに突然動かなくなったら全く動かなくなることよね」

そう妻が云います。はい、たしかにその通りです。わたし、やるべきことがある間はカラダを休めることができません。一旦休んだら動けなくなる(再度立ち上がるのに大きなエネルギーが要る)ことを知っているからです。

毎日、仕事から帰ったら、椅子やソファに座ることなくそのままワンの散歩に出かけます。帰ってきたらそのままコンタクトレンズを外してから洗濯物を畳み、風呂を洗って栓をします。その後に服を部屋着に着替えて椅子に座る。ここでスイッチが切れます。

旅行(日帰りの移動も含めて)や学会出張から帰ってきたら、出発前に掻き集めて旅行鞄に詰め込んだ諸々必要なモノをすべて元あった場所に戻し、新しく買ってきたモノや洗濯物はあるべき場所に分配し、空になった旅行鞄を定位置に戻し、服を着替えて、初めてソファにドスン。スイッチが切れる瞬間。

妻をはじめとする周りの人は、「お疲れなんだからまずは座って落ち着いたら?お茶でも飲んで・・・」とか云ってくれますが、それができないんです。その代わり、一旦オフになったら電池切れのロボットと同じように一気にオブジェ化して、まったく動きません。酒飲んでソファでうたた寝して冬眠中の熊みたいになります。それはそれでちょっと情けないのですが、まあそんな形で均衡を保っているのだと自分を納得させています。

うちの母親は買い物から帰ってきたらそのまま座って買ってきた物を端から開けていくのが常でした。妻もそのパターン。でも、わたしはまず全部を何もなかったかのように整理したその後で初めて買ってきた物を開けるというパターン。しかも、中味を楽しむ前に包み紙やビニール袋を全部ゴミ箱に捨ててしまわないと落ち着けない。「せっかく買ってきたんだから、まずそれ開けて見てよ」とよく妻に叱られたりします。感動が薄らぐ感じは否めませんけどね、これは性分だから・・・たぶん、わたしがそれを始めたら一気にナマケモノのように何もかもを放棄してうだうだし始め、整理や掃除を何もしなくなって引きこもる・・・そんな変態を遂げるような気がしてなりません。

だから、これで良いのです。

 

|

« ビタミンA | トップページ | 八方塞がり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビタミンA | トップページ | 八方塞がり »