« 打診の回数 | トップページ | 老化の加速度 »

眉間の皺

「先生、眉間に大きな皺が寄ってますよ」

職場の廊下を散歩していたら、複数のスタッフに指摘されました。今日だけではありません。最近よく云われます。すれ違いざまにわざわざ声をかけてくれるのだから、本当に目立っているのでしょう。そっと診察室の鏡を覗いてみたら、たしかに眉間に深い縦皺がある・・・。

何も考えないで黙々と散歩してるだけなのだから、いろいろ深刻な考え事をしてできたシワではありません。これは明らかに眼が疲れて焦点を合わせようとして力が入ったときのシワ。それは分かっているのだけれど、午後の眼の疲れは今に始まったことではないはずなのに、最近になって急に目立ち始めたというのは由々しきことであります。

だって、眉間の深い縦皺って、何か大病をする前触れだっていうじゃない? 昔、額の縦皺がトレードマークだった某俳優さんは自殺したりくも膜下出血で急逝したりしたし。胃がんで亡くなったうちの母親も若い頃からいつも額に縦皺寄せていました。

イヤだイヤだイヤだ。意識して目を見開いて眉毛を額に挙げて額に横皺をいっぱい作ってみた。超間抜けな顔になった。「目、どうかしたんですか?」・・・今度は違うスタッフから質問されました(笑)

 

|

« 打診の回数 | トップページ | 老化の加速度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打診の回数 | トップページ | 老化の加速度 »