« 眉間の皺 | トップページ | つばめの巣 »

老化の加速度

あんなに怖がっていた雷の音に反応しなくなったどころか、わたし達の声もあまり聞こえなくなった様子に愕然としましたが、よく観察すると、彼女の老化は本当に加速度を増している気がします・・・うちの12歳半になる愛犬のはなしです。食事もしっかり食べますし、朝からわたしの起床に合わせて起きてきてずっと付いて回りますけれど・・・。

人間では何かの機能が落ちたとき、それが若い子たちがケガや病気で何らかの機能を失った場合であればその他の機能で代償するように発達するのでしょうが、老化に伴う機能の低下の場合はそれを他の機能で補おうとするのではなく他の機能も同じレベルに低下させて全体のバランスを保とうとするのだ、と以前教わったように思います。だから、心身の機能はいつもまんべんなく平均的に若さを保てるように常に意識することがアンチエイジングの観点からはとても大切なことになる、と。

おそらく、人間だけでなく自然界の生物たちもほとんど同様なのだろうと思います。だから、うちの老犬が加速度的に難聴になったことがとても気になっているわけです。暦年齢(12歳半)よりはるかに元気いっぱいに見える子なのだけれど、これをきっかけに一気に老化するのではないかと。この子の先代のワンが、同じようにとても元気だったのにこの子がもらわれてきてから一気に年老いたことを思い出しています。当時は、若い子と一緒に住むようになって自分がこの子にかなわない年寄りだと自覚して急に年齢を感じるようになってしまったのではないか(若い子にエネルギーを吸い取られたのではないか)と後悔しましたが、そうではなく、このアンチエイジングの加速度的老化の時期がちょうどその頃に来たのだと今は思い直しています。

今度、先月に生まれた子犬がわが家に来ることが決まりました。今度は今居る先輩犬がもっと若さを維持できるように、何とかサポートしてやりたいと思っている次第です。

 

 

|

« 眉間の皺 | トップページ | つばめの巣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眉間の皺 | トップページ | つばめの巣 »