« つぶやき | トップページ | ロッカーの貼り紙 »

やっぱり聞こえてなかった

例年より20日も早く、熊本県を含む九州北部が梅雨入りしました。

ここ1、2週間くらい、明らかにわが家の愛犬セイラの耳が遠くなってきたのに気付きました。もう築25年のわが家のビルトインの車庫はシャッターを上げ下げする度に激しい軋み音がします。その音がした途端にクォンクォン鳴き始めて帰ってきたことを喜んでくれていた彼女が、カギを開けて家の中に入っても全く無反応・・・帰ってきたことに気付かずサンルームで爆睡しています。「セイラ~、居るの~?」と声をかけるとやっと気がついてバツの悪そうな顔で起きてきます。先日は、わたしが帰って二階まで上がって妻と話している声に気付いて慌てて玄関に行って、しばらくそこで「声はすれども姿が見えず」状態でうろたえていました。彼女自身もいつもと違う変化に気付いてどうしていいのか戸惑っている風です。

彼女は、嵐の中を飛行機に揺られて来たことと、5年前の熊本地震で逃げ惑ったことで、とにかくカミナリを怖がります。遠くでゴロゴロ音がしただけでカラダ中を震わせて失禁したり狭い部屋の中に逃げ込んだりして大騒動になります。そんな彼女が、週末の大雨や今朝の嵐のカミナリ混じりの大雨の中で全く反応しませんでした。シャッターの軋み音と同様、カミナリの音域の音も聞こえなくなっているみたいです。まったく反応することなく爆睡していました。

ココロ安らかな顔して眠っている姿を眺めると、「良かったのかな」とは思うのですが、少し寂しい気もします。齢(よわい)12歳6ヶ月。このまま梅雨が長雨になって散歩にも行けない日が続いたら、一気に老化して呆けてしまうのではないかと心配でなりません。

|

« つぶやき | トップページ | ロッカーの貼り紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つぶやき | トップページ | ロッカーの貼り紙 »