« やり過ぎは禁物? | トップページ | 隠居 »

金さん・銀さん

妻は今までの茶系の髪染めを卒業して、ここのところ金色系に嵌っています。新型コロナ流行が怖くて街中の行きつけの美容院に近づく勇気がなく、先日久しぶりに行って、またまた金色髪に磨きを掛けて帰ってきました。

昨日の日曜に墓参りをしに越県した際、わざわざ採れたてカボスを届けてくれた地元の友人が、久しぶりに会ったわたしの妻をみて、「うわ、金髪になってる!」と驚き、「『金さん・銀さん』やな」と呟きました(もちろん、『銀さん』はわたしのごま塩アタマのこと)。そのことを自宅に帰る途中に妻に話したら、ちょっとショックだったみたいで、「あなた、また黒に髪染めなさい!」と冗談を云いました。

でもまあ、まんざらでもなかったみたいです。そうか、私たち夫婦は世間からみたら『金さん・銀さん』なのか。ちなみにうちの愛犬たち(ビアデッドコリー)はまさしくわたしの髪と同じグレー系で、散歩していると「父ちゃん(飼い主)とお揃いやね」とよく云われます。妻の今の金色は義母の家にいるトイプーの色と全く同じ。もっとも、時が経てば彼女の髪はもっと白く変わることでしょう。もう本当ならすっかり髪の毛は真っ白の白髪になっているはずですから。

前はもっと茶髪だったのに最近この色に変えてきたところをみると、周りに気付かれないように少しずつ白の違和感をなくすのが魂胆なのかもしれません。

 

|

« やり過ぎは禁物? | トップページ | 隠居 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やり過ぎは禁物? | トップページ | 隠居 »