« 夜間頻尿 | トップページ | 子どもの体力 »

公園のサッカー

日曜日、思いの外穏やかな日になって、わが家の散歩コースである近くの公園は人で埋まっていましたから、ちょっと時間を遅らせて散歩に出かけました。かなり減っていた人出の中、妙に目立ったのは歓声を上げながらサッカーをする子らの集団。よく見ると2グループある。中学生くらいの集団と小学生らしい集団と・・・楽しそうに動き回っています。

「おいおい、アンタ達、今家庭内自粛の期間なんじゃないんかい?」と独りツッコみする。1年半くらい前にも同じような風景を見ましたが、あのころは感染の中心は子ども達ではなかったから学校にも行けずに家の中で自粛するのには限界があるだろうな、とまだ少しは理解してあげたけど、今の感染拡大の中心は君たちの世代なんだよ! 小中学校の子ども達が感染して家庭内感染になり、濃厚接触者として休校や学年閉鎖を余儀なくされ、そのためにお母さんが働けなくなって社会は人手不足でパンクしそうになっているのだよ。公園のすぐ横のイタメシ屋では3人の子どもがキャアキャア云いながら店内を走り回って遊んでいました。まあ、あの世代に「マスクしてじっとしとけ」というのはちょっと酷かなとは思う(それでも、すぐ横にいるであろう親はもうちょっと注意くらいしてほしいものだ)けれど、あの中学生らしき男子達にはもう分別はあろう。前回とは違うことくらい理解しておろう(もうコロナ禍2年の経験があるのだから)。

「成長のない子らだよな~」とぼやきながら、極力彼らの集団から離れて散歩を済ませました。早く、彼らが、世間の大人から眉をひそめて睨まれることなく存分に遊べる社会が戻ってきてほしいものです。今日、近くの小学校でクラスターが出たけれど、まさかあのときの子たちの学校じゃないじゃろね?

 

|

« 夜間頻尿 | トップページ | 子どもの体力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜間頻尿 | トップページ | 子どもの体力 »