« 本の縁 | トップページ | 高齢者の生活指導 »

XE系統

先日、知人が「コロナ陽性になった」とインスタで報告してました。これだけ長期間の感染の波の中で初めての身近な人の感染です。それにしても発熱する時には本当にみるみる上がっていくのですね。経時的に体温計の表示をアップしていたので、見ていてちょっと恐ろしくなりました。

世間ではステルスオミクロンBA-2というのがオリジナルオミクロンBA-1と急速に入れ替わっている中で、イギリスから新しい変異株XE系統というのが発見されたと騒ぎ始められています。増殖力がBA-2より強いのだとか。まだまだ戦いは続くんでしょうかね。でも、冷静に考えたら昨年末から主流になったオミクロンがどうも最終形のように思えます。そもそもの原型のαとかβとかが懐かしい。そして最終形の亜型雑種多数発見・・・これは科学や医療が発達してしまった弊害かもしれません。だって、昔の検査技術だったらオミクロンはオミクロン以上には分ける力がなかったはずだから。ウイルスが小さな変異をして生き残ろうとするのは太古からの歴史です。決してインフルより軽くはないけれどインフルより怖いものでもなくなろうとしています。そうです。それくらい、インフルは怖いウイルスなのだということも忘れないようにしなければなりません。

『○○系統』って、まるで熊本市内の路面電車の経路図みたい。『XE』とかどこぞのパソコン関連の商品みたい。

それはそうとして、私たち医療者は何のかんの言って、かなり手指消毒って徹底されていますね。実感なく、むしろ最近ズボラになっているのでは?と懸念していましたけど、それでも世間の皆さんの姿を見ていると、無意識のうちに標準予防策として段違いの入念さが身についていることを改めて痛感します。ありがたいことです。

 

|

« 本の縁 | トップページ | 高齢者の生活指導 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本の縁 | トップページ | 高齢者の生活指導 »