« やりよるなTRF | トップページ | HDLは善玉にあらず? »

選挙前なのに

昨日、街頭演説中の元首相が銃撃されて失血死しました。与党最大派閥を率いるカリスマの突然の訃報に日本中が騒然となりました。

その事件自体はとんでもない大事件だと思います。ただ、銃撃をした犯人が政治的テロの意志のない単独犯だとわかったにもかかわらず、その後夜中まで日本中のテレビ各社の全てが特別番組に切り替わってしまったのはマズかったのではないでしょうか。今は参議院議員選挙のまっただ中で2日後に投票日を控えている大事な時です。単純に「日本のひとりのカリスマ政治家が理不尽な理由で銃撃されて死亡した」という話ではありません。この報道が選挙結果に大きく影響を与えかねない時期。完全に一政党の特別番組としてバイアスがかかってしまったことは重大なことでしょう。選挙自体の結果としてはおそらく大勢に影響はないのでしょうが、立候補している各議員にとっては自分の人生をかけた勝負の時期ですからきわめて迷惑なはなし。せめて、夕方に死亡が確認されて記者会見が終わって以降は、少なくとも選挙が終わるまでは報道自粛するくらいの配慮があっても良かったのではないかととても残念に感じました。

「言論の自由を暴力で妨害するのは断じて許さない」「テロに断固抗議します」と声を大にして叫んだ各政党幹部ですが、結局一個人の個人的思い込みによる犯行だとわかり、全く怒りの矛先を見つけられずに右往左往する感じ。政治的テロや組織的犯罪であればもっと全員が同じ方向に怒りを向けられたでしょうに・・・なんともやるせない事件でした。

一夜明けて、土曜朝の報道番組。一番冷静に日常に戻っていたのはNHKだけでした。まあ各社、昼間は平常にもどった様子ではありますが、せめて選球終了まで報道をガマンしてほしい。昨日取材した情報を無駄にしないようにと何度も焼き直しして報道しようとしていることに失望しました。

本当に明日の選挙に必死に関わってきた人たちが可哀想でなりません。

|

« やりよるなTRF | トップページ | HDLは善玉にあらず? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やりよるなTRF | トップページ | HDLは善玉にあらず? »