« 年賀状 | トップページ | ロボット掃除機 »

150年

昨年の秋にわたしが卒業した小学校で開校150周年を記念した花火大会が盛大に開催された、という知らせが地元に残っている小学校時代の同級生から届きました。

残念ながら現地で華麗な花火を直接見ることはできませんでしたが、本当に喜ばしいことだと思います。わたしが卒業したのは今から52、3年前だから、卒業のすぐ後に100周年記念式典が行われたはず(悲しいかな、全く記憶の中からこぼれ落ちてしまっていますが)です。田舎の小学校ではありますが、そんな歴史ある学校を学び舎にできたことを誇りに感じています。

この話を聞いたときに思ったのは、150年も小学校が存続できるということは150年以上この地に人々が集い、絶えることなく子どもたちが生まれ、その子たちがまたこの地に残って子孫を紡いでいた証、つまりこの町が魅力的な町であり続け、時代に合わせて発展もしてきた証拠だと云えましょう。時々墓参りのついでに実家近くを散策します(実家は他人に貸してあるので行けません)が、見たこともないような大きなマンションが乱立するでもなく、わたしが住んでいた頃にあった家の表札が今でも残っていたりして、公園に子どもたちの声が聞こえる町・・・きっと代替わりしながらこの地にずっと住んでいてくれているのだろうなと思ったりします。そのこともまた、とても嬉しく思います。

 

|

« 年賀状 | トップページ | ロボット掃除機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀状 | トップページ | ロボット掃除機 »