« 男は炭水化物、女は脂肪! | トップページ | 眠っていてもいいの? »

大腸がんスクリーニング

大腸がんの新しい非侵襲的検査、便潜血より良好な検出感度/JAMA

 ”マルチターゲット便中RNA(mt-sRNA)検査(ColoSense)は、大腸がんおよび進行腺腫の検出感度が高く、従来の免疫便潜血検査(FIT)と比較し感度を有意に改善することが認められた。また、大腸内視鏡検査で病変が認められない特異度は、既存の非侵襲的な分子スクリーニング検査と同等であった。米国・ワシントン大学のErica K. Barnell氏らが、医療機器クラスIIIとしての承認申請を行うために、平均的リスクの45歳以上を対象に実施された盲検化第III相試験「CRC-PREVENT試験」の結果を報告した。JAMA誌2023年11月14日号掲載の報告。”(Care Net 2023/11/30配信)

大腸がんが全世界的に増えている中で、非侵襲的なスクリーニング検査で検出精度が高くなることはとてもありがたいことです。便潜血検査ではその大部分が偽陽性なために全大腸検査を受けて異常がなかった場合、その後に再び陽性になっても「一回検査したら異常なしだったからもう内視鏡検査は受ける必要がない」と云って精密検査を拒否するパターンが少なくないからです。あとは、この新しい検査が便潜血検査並に安く提供される日がいち早く来ることを祈るばかりです。スクリーニングである以上、価格が高ければ世間に普及する可能性がそう期待できません。がんドックや人間ドックを受ける人であればそれくらい払ってでも確実な検査を受けるだろうと思いがちですが、日本の場合、そういう人は大腸内視鏡検査も受ける確率が高いのです。せめて全大腸内視鏡検査を受けるよりはるかに安価で、しかも一度陰性(問題なし)と評価されたら次はどの程度期間をあけても問題ないかというエビデンスと指針を出してもらえるようになると良いなと期待しています。

|

« 男は炭水化物、女は脂肪! | トップページ | 眠っていてもいいの? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男は炭水化物、女は脂肪! | トップページ | 眠っていてもいいの? »