« 肺炎球菌 | トップページ | 運のつき? »

『殿様枕』

枕が高いと脳卒中に?/国立循環器病研究センター

 "脳卒中は高齢者で多いが、若年~中年者でも特殊な原因で起こることがある。その原因の1つである特発性椎骨動脈解離の発症と枕の高さの関連を、国立循環器病研究センターの江頭 柊平氏らが症例対照研究で検討したところ、枕が高いほど特発性椎骨動脈解離の発症割合が高く、また枕が硬いほど関連が顕著であることが示された。著者らは「殿様枕症候群(Shogun pillow syndrome)」という新たな疾患概念を提唱している。European Stroke Journal誌オンライン版2024年1月29日号に掲載。" (Care Net 2024/02/05公開)

一昨年、千鳥のノブさんがくも膜下出血一歩手前の椎骨動脈解離を発症した、あれがこれらしい。(<新たな疾患「殿様枕症候群」とは>)『殿様枕症候群』・・・聞いたこともない名前で、そもそも何と読むの? 「でんようちん」?とか思っていたら、普通に「とのさままくら」でした。英語で「Shogun pillow syndrome」(まんまじゃん)。

首をポキポキ鳴らすようなカイロプラクティックや整体(「スラスト法)によって椎骨動脈解離を起こす事例もある(平均年齢41歳の脳卒中患者集団では、30日以内にスラスト法を受けていた割合が4倍以上という報告)
・高い枕の使用は特発性椎骨動脈解離発症と関連があり、特発性椎骨動脈解離の約10%が高い枕の使用に起因しうることを報告した

「若い人でも枕が高いとこの病気を起こす危険性があるのだよ」あるいは「首ポキを習慣にしている人は危ないよ」とか、そういう感じなのでしょう。わたしは頚椎症など首回りが不具合なので高い枕では寝られませんし起きた時に動けなくなるから高枕はありえない。ただ、ここ半年くらい、左を向くと首がポキポキ鳴るようになって気味が悪いのです。痛くもないけど、骨が擦れて行ってるんじゃないかと心配していたわけですが、もしかしてこの殿様枕症候群(特発性椎骨動脈解離)の危険性の方が問題なんじゃないのかしら? そういえばカウチやソファに横になってテレビを見たりスマホをいじったりするときにクッションや肘掛けに首をゆだねるから、首がかなり前屈させた形になるのは確か。あれは明らかに殿様枕と同じ姿勢じゃないですか! 注意しなければ。


 

|

« 肺炎球菌 | トップページ | 運のつき? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肺炎球菌 | トップページ | 運のつき? »