« パッチ | トップページ | 有酸素運動と勃起機能 »

行動にうつせるか

今年になって明らかに体重が増えてきました。特にここのところ連休続きで、家にいるとついつい「何かないか」とお菓子を探し回り、「貧乏だから」と節約していたビール類も個人年金がまとまって入ったせいでちょっと気が大きくなってつい何缶も煽ってしまう今日この頃。だから、「さもありなん」の結果です。先週末におそるおそる職場の体重計に載ってみたら、一ヶ月前より2キロ弱増えていました。たしか、ちょうど1年前、大腸ポリープを切除するためにその前後1ヶ月くらい(特に術後2週間は徹底して)アルコールを止めさせられ、低残渣食ばかり食わされて体重が3キロ以上減りました。体重だけで云うならあの手術前の体重と同じか少し少ない程度に戻ったことになります。

「なんだ、前に戻っただけか」と思ってしまうと元も子もありません。逆にまた低残渣食とアルコール制限すればすぐに減量できる可能性が高いというのも事実。さあ、どうするか。

「人はこうなった原因の究明はきちんとできます。どうすればいいかという分析も完璧にできます。あとは実行するかどうか、ただそれだけのことです」・・・わたしがいつも偉そうに人間ドック受診者の皆さんに云っていることです。やりさえすればきっとすぐに結果が出るのは間違いありません。やることは大したことではない。あとは、「何のためにそんなことをするのか」というモチベーションだけ。さあ、どうする、自分?

 

|

« パッチ | トップページ | 有酸素運動と勃起機能 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パッチ | トップページ | 有酸素運動と勃起機能 »