« もう一息なのだけど | トップページ | 無事定年を迎えて。 »

情報制限

4月から継続雇用で嘱託医として働く立場になって、一番変わるのは『管理職』でなくなったこと。いや、わたしの職務は正式には5年前から管理職ではないし管理職手当ももらってないのだけれど、部署の皆さんが認めようとせず、ずっと『管理職』として働かされてきました。職場の経営会議に出席させられるとともに管理職メンバーにだけさまざまな情報が回ってきています。4月からはその足かせが外されます。月に一度の経営会議にも出なくていいだけでなく、知らなくてもいいトップシークレットの情報も回ってこなくなります。

5年前、職場の医局長職を退いたとき、毎日のように各部署から回ってきた情報や相談事がピタッと止まったことを思い出します。今まで当たり前に入ってきた情報が全くなくなったとき、しばらくは一抹の寂しさを感じましたが、それがとても楽ちんであることに気づくのに時間はかかりませんでした。今回はあのとき以上に情報制限されます。同時に病院全体の衛生委員会メンバーからも外させてもらったので、さらに病院全体の情報も入ってこなくなります。

おそらく、今までこれが当たり前だと思っていた諸般の情報に関わる操作も変わることでしょう。早く知っておいて良かったことはほとんどありませんでした。むしろ、知りえた情報を他言しないようにすることが意外に大変でしたから、知らないなら知らない方がきっと楽。そう期待しております。でも、やっぱりちょっと寂しいかな。

 

|

« もう一息なのだけど | トップページ | 無事定年を迎えて。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう一息なのだけど | トップページ | 無事定年を迎えて。 »