« オンとオフ(1) | トップページ | 『世界睡眠デー』 »

オンとオフ(2)

(続き)

医療の現場ではおそらく患者さん側の意識改革も一緒にしないと解決しないと思います。仕事の取引と違って自分の病気や健康のことなので、一筋縄ではいきますまい。医者の方が皆同じ深さで関われないのは致し方ない。どんな濃厚な申し送りをしてもどんな細かいカンファレンスをしても、おそらく最初に関わった主治医以上の思い入れと情報力は引き継いだ者やチーム内のスタッフでは太刀打ちできますまい。つまり、受ける側もする側もその程度の関わり方になることを前提にしなければ成り立たないのではないかと思っています。

わたしが予防医療に関わるようになる前に所属していた部署では、『チーム医療』の概念を遠い昔から掲げていました。検査のエキスパートが検査をし、治療の方針をカンファレンスで決定し、決められたスケジュールに則って治療のエキスパートが治療をする。たまたま関わった主治医の力量で治療の質が変わることのないように、ということでそうやってきました。でも、結局、患者さんが頼るのはその”たまたま”の主治医です。「わたしはそんな流れ作業が”医療”だとは思えません。わたしは最初から最後まで責任を持って治療したいし、その責任を持つべきが”真の医者”だと思う」と云って、退職した若い医師がいたけれど、彼は今どんな医者になっているでしょうか。

医者ほどオンとオフが不明瞭な人生を送る職業はないかもしれないと思っています。勤務医より開業医の先生の方がもっとそうかもしれません。年末年始や日曜日にも病棟に顔を出して受け持ち患者の聴診をしてカルテ書きをしていたら、病棟担当のチーフナースが「先生たち、他にすることはないの? 休みの日ぐらい仕事のことを忘れて遊びに行くなり女の子とデートするなり、もっとすることがあるでしょ!」と叱られた研修医の頃をふと思い出しました。そういうことも、今は昔。最近の若い先生方はオンとオフの使い分けなど当たり前にこなしているのでしょうか。

 

 

|

« オンとオフ(1) | トップページ | 『世界睡眠デー』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンとオフ(1) | トップページ | 『世界睡眠デー』 »