« 別府温泉に浸かりたい | トップページ | 情報制限 »

もう一息なのだけど

高血圧症治療のやり直しを始めて早4ヶ月。昨日は薬剤をひとつ足してから三ヶ月後の外来受診でした。一週間前に再びやった24時間自動血圧計測定検査の結果の評価。

結論から云うと、「ほぼ良好に下がっているけれど、厳密にはまだ降圧基準に達していません。それと利尿剤の影響で血中カリウムが若干低下してきました」とのことで、もう一剤追加になりました。
●今回(2024/3/25) 
一日平均 131/85mmHg(昼間135/87mmHg、夜間114/75mmHg)
●前回(2023/12/18)
一日平均 133/88mmHg(昼間135/90mmHg、夜間121/81mmHg)
●当初(2023/11/06)
一日平均 153/100mmHg(昼間159/105mmHg、夜間132/81mmhg)

なんと客観的データでは12月から利尿剤を加えたのに特に昼間はほとんど変化がなかったことになります。これはちょっくらショックでした。なぜなら、日常では朝の血圧がいつも120/80mmHgで夜は110/60mmHgなんて値も出てくるくらいに下がっていて、利尿剤の追加効果は絶大だなと喜んでいたからです。今回加わったセララ(エプレレノン)は非ステロイド型のミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MR拮抗薬)(アルドステロンの働きを阻害するのでアルドステロン阻害薬ともいう)。「追加するかどうかは先生の判断に任せます」とは云われたけれど、脳動脈瘤のこともあるから、どうせがんばるならきちんと下げたい。ということで今日から三剤(一つは合剤だから正式には四剤)併用ということになりました。「あとは、運動や減塩をもっとがんばってもらって」と付け加えられましたが、お言葉を返すようですが、わたしにはもうこれ以上の運動や減塩はできませぬ。

ゴールデンウイーク明けに再評価予定です。

 

|

« 別府温泉に浸かりたい | トップページ | 情報制限 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別府温泉に浸かりたい | トップページ | 情報制限 »