« 女性の健康週間 | トップページ | COVIDマイノリティ »

「飲酒ガイドライン」げな。

国内初の「飲酒ガイドライン」を公表/厚労省

2月19日、厚生労働省は飲酒に伴うリスクに関する知識の普及推進を図るために「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」を公表した。本ガイドラインは、アルコール健康障害の発生を防止するため、国民一人ひとりがアルコールに関連する問題への関心と理解を深め、自らの予防に必要な注意を払って不適切な飲酒を減らすために、個人の適切な飲酒量・飲酒行動の判断の一助となるよう作成された。”
”基礎疾患等がない20歳以上の成人を中心に、飲酒による身体等への影響について、年齢・性別・体質などによる違いや、飲酒による疾病・行動に関するリスクなどをわかりやすく伝えるとともに、考慮すべき飲酒量(純アルコール量)や配慮のある飲酒の仕方や避けるべき飲酒方法などについて示している。” (Care Net 2024/02/22公開)

 『酒飲み』にとって「自分は大して飲んでない」「たしなむ程度」と思っている量が、明らかに過量なわけで、『酒飲み』の家族は、「ほれみたことか」「この際、止めなさい」と云いたがり、『酒飲み』本人は見たくも知りたくもないガイドラインでしょう。わたしは長いこと後者でしたが、高血圧症の治療をきちんとやり直したあたりからマジメに節酒に取り組んでおりますのよ。

ちなみに、飲酒量と疾患の関連が具体的に列記されていたので、コピーしておきます。
・脳卒中(出血性)[男性:150g/週(20g/日)、女性:0g<(-)]
・脳卒中(脳梗塞)[男性:300g/週(40g/日)、女性:75g/週(11g/日)]
・虚血性心疾患・心筋梗塞[男性:現在研究中、女性:現在研究中]
・高血圧[男性:0g<、女性:0g<]
・胃がん[男性:0g<、女性:150g/週(20g/日)]
・肺がん(喫煙者)[男性:300g/週(40g/日)、女性:データなし]
・肺がん(非喫煙者)[男性:関連なし、女性:データなし]
・大腸がん[男性:150g/週(20g/日)、女性:150g/週(20g/日)]
・食道がん[男性:0g<、女性:データなし]
・肝がん[男性:450g/週(60g/日)、女性:150g/週(20g/日)]
・前立腺がん(進行がん)[男性:150g/週(20g/日)、女性:データなし]
・乳がん[男性:データなし、女性:100g/週(14g/日)]
※「参考」については、研究結果の数値を元に、仮に7で除した場合の参考値(概数)。「0g<」は少しでも飲酒をするとリスクが上がると考えられるもの。「関連なし」は飲酒量(純アルコール量)とは関連がないと考えられるもの。「データなし」は飲酒量(純アルコール量)と関連する研究データがないもの。

「0g<」は少しでも飲酒をするとリスクが上がると考えられるもの、ってこの表現、ひどくないですか。もうちょっとオブラートに包んでくれないと、「そんならもういい!」とばかりに、逆に飲酒制限しなくなる人が激増するかもですよ。

|

« 女性の健康週間 | トップページ | COVIDマイノリティ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性の健康週間 | トップページ | COVIDマイノリティ »