« 健診後の受診勧奨 | トップページ | 降圧の体感 »

夜間頻尿のその後


1時間~2時間ごとに尿意で覚醒して大量に排尿してはまた寝るという行動を繰り返す毎晩なので、妻からは「あなたのは病気よ」と云われてきました。でも、数年前、尿管結石の砕石術を受けたときに担当医に相談したら、「先生のは単に飲みすぎだと思いますよ」と一笑に付されました。

そんな夜中のオシッコ事情に、ここ1週間くらい異変が起きています。明け方近くに一回起きるかどうかで、ほとんど夜中にオシッコに起きなくなりました。おかしくないですか?別に飲酒量を極端に減らしたわけではありません(もともとここ数ヶ月は少ししか飲みませんし)。どちらかというと体重が増え気味で、「小便に行かないからむくんできたのかもしれない」と云ったら、「何云ってるの。健全になったんだからむしろ今の方が当たり前なのよ」とまた妻からたしなめられる。最近、石に懲り始めた妻は、自分が選んで私の手首に巻かせている石の御利益かもしれないとほくそ笑んでいます。それは・・・まああるかもしれないけれど、きっとそれだけではない。ここ1週間変わったことはないかと考えてみたら、そうか。夕食のときにお茶を飲まなくなった。いつも流し込むように飲んでいたお茶をコップ1杯も飲んでない。このせいかもしれない。

でも、「できるだけ水分はしっかり摂ってくださいね」と人間ドック受診者に説明しているわたしとしては、それはそれでやはり腎臓機能が落ちているのではないかと不安になるところです。「昼間にしっかり水分取っているから昼間にいっぱいオシッコに行ってるんでしょ? それなら全然大丈夫よ」と妻は云うのですが。もう少し様子を観察することにいたしましょう。

 

|

« 健診後の受診勧奨 | トップページ | 降圧の体感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健診後の受診勧奨 | トップページ | 降圧の体感 »