« 酒の楽しみ方 | トップページ | 要するに犯人は酒? »

『階段』

定期の機関誌コラムの発行の日を迎えました。今回は、かなり前に書いておいたやつ。もともとは辛辣な書き方をしておいたけど、公の文章にするためにかなり修正を加えて、当たり障りのない表現にしてみました。まあそれでも、コレを読んで「わたしのことかな」と思う人は多いのかも?(笑)

********************

『階段』

 私がエレベーターに乗らないことは職場スタッフに周知されてきたので、最近はわざわざ私のためにエレベーターを閉じずに待ってくれる人はいなくなりました。エレベーター待ちをしている横を通りすぎて階段に向かっている私を見てバツが悪そうにされることはたまにありますが。

 思えば、2011年の東日本大震災の折、日本中が電力不足になってあちこちの電灯が消され、暗いコンビニや暗い空港ロビーがその象徴となった時期がありました。「省エネのためにエレベーターに乗らずに階段を使いましょう」という合言葉で、うちの職場でも管理者が率先して階段を上がり下がりしました。「かえって健康を手に入れられるからラッキーだ! 発想の転換でピンチをチャンスに変えましょう!」と職場を挙げて宣言したじゃありませんか。それなのに、エネルギー事情が回復するやいなや、かつて率先して歩いていた管理者クラスの方がむしろいち早くエレベーターを利用するようになったりしなかったでしょうか? 若い世代がすぐ横にある階段を尻目にエレベーターを待つのはまだわかります。彼らは生まれた時からそこにエレベーターがあった人たち。「使うべき物があるのにどうしてわざわざ無駄な労力を費やす必要があるの?」と考えるのは当たり前かもしれません。でも、『健康維持のために階段を使いましょう』という大きなパネルの横でエレベーターの扉が開くのをじっと待っている老若男女の姿を見るのは正直なところちょっと残念ではあります。そういえば、新型コロナウイルスがまだ殺人ウイルスだった数年前、東日本大震災の時と違ってエレベーターには皆さん乗っていましたよね。満員なら一機遅らせてでも意地でも乗っている様子を傍から見たような記憶があります。行動変容というのはなかなか難しいものだなとつくづく思いました。

 ちなみに、平地を歩く時に使う筋肉と、走ったり階段や坂道を上り下りしたりする時に使う筋肉はまったく違います。特に大腿四頭筋や大殿筋、腸腰筋などは、ウォーキングを毎日していても平地歩行だけではほとんど使われず、歳とともに退化しやすい筋肉群の代表です。足が上がらずに蹴つまずきやすくなるのもそのためだとか。せっかく健康のために歩く習慣にしているのであれば、是非その毎日の散歩コースに無理しない程度の階段や軽い坂道を混ぜることをお勧めします。なお、階段は上る時よりも下りる時に使う筋肉の方が日頃使っていないので傷めやすいようです。十分ご注意ください。

 

|

« 酒の楽しみ方 | トップページ | 要するに犯人は酒? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒の楽しみ方 | トップページ | 要するに犯人は酒? »