« 行動変容に影響を与えうるものか? | トップページ | パーテーション »

糖尿病になりやすい食習慣

京都府立医科大学の豊國 恵麻氏らの研究グループが、日本人約13万例を対象に追跡期間10年間のコホート研究を実施した(Journal of Diabetes Investigation誌オンライン版2024年4月2日号で報告)とのこと。

それによると、
●朝食を抜く、早食いをする、夕食後に間食をする、就寝前2時間以内に夕食を食べるといった食習慣は、これまでの欧米や本邦の報告と同様に、2型糖尿病の発症リスクを有意に上昇させた。
●BMI 25kg/m2未満の集団では、早食いをする、就寝前に夕食を食べるといった食習慣が2型糖尿病の発症リスクを有意に上昇させたが、BMI 25kg/m2以上の集団ではその傾向は見られなかった。

という結論だったようです。さて、この結果をどう保健指導に活かしましょうか。云いたいことは、「やせていても早食いや夜遅い夕食は糖尿病になりやすいぞ」ということに尽きる気がしますが、いかがでしょうか。太っている人は「いかんな」と分かっていてもやっちゃう、やっちゃうから太るのかもしれないけれど、自分の行動に対する罪悪感はあるので、きっかけさえあれば行動変容は意外に容易です。でも、やせている人の”やせの大食い”とか暴飲暴食とか、食べても全然体型に変化がない人こそ、「云われてもなあ」という感じのような気がします。高い確率で起きるのならともかく、「有意差がある」と云うレベルの統計学的な差では家族歴や身近な友人の例でもない限り「自分はたぶんそれに当てはまらないだろう」と思う方が普通でしょう。だから「何か起きたら考える、たぶんそれでも間に合うだろう」と思う気がします。まあまあこっちの方が厄介です。

 

|

« 行動変容に影響を与えうるものか? | トップページ | パーテーション »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行動変容に影響を与えうるものか? | トップページ | パーテーション »