« オーラルフレイル | トップページ | 「上手な水の飲み方」  »

何の警告?

先日、赤信号で信号停車していた軽自動車が私の目の前でまだ赤信号なのに突然発進していって怖かったというはなしをここに書きましたが、実は数日前は向こうが見えないつづれ織りの山道の下り坂で、わたしの目の前を走行していた軽自動車が突然右にウインカーを出したと思ったら、登坂車線になっている対向車線をアクセル全開で逆走しました。崖なので曲がり角の向こう側がまったく見えないというのに。

それぞれに、普通なら大事故、大惨事が起こってもおかしくない状況で、まあ運良く巻き込まれる車がなくて良かったと思ったのですが、よくよく考えたら、この短い期間に自分の目の前の車が普通あり得ない行動することが立て続けに起きたってこと自体が尋常じゃないですよね。大惨事が起きずに良かったということよりも、何かをわたしに暗示している、あるいは警告しているのではないかと思ってしまいますよね。油断しているとわたしが大事故に巻き込まれるとか、勘違いで大事故を起こしてしまうとか、そんなことの予知ではないかとか。なにしろ、どちらも、自分がどれだけ注意していても想像だにしていないところから突然何かが突っ込んでくるという惨事を連想させる出来事ばかりなので、そんな警告もらっても自分では何もできないですがな。 

|

« オーラルフレイル | トップページ | 「上手な水の飲み方」  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーラルフレイル | トップページ | 「上手な水の飲み方」  »