« 赤信号 | トップページ | 診察室の椅子 »

熱中症

「これ熱中症になるやつだ」

昨日の日曜日に雨の中で行われたゴルフコンペ。午前中はまあまあまとまった雨のために気温も低めだったけれど、午後は雨も小降りになり、若干空も明るくなってきました。その時です。突然滲み出てくる大量の汗と身体の中からわき出てくる気持ち悪さ。きっとサウナの中に居るような(わたしはサウナを利用しないからわからないけど)湿度と気温状態だったのだろうことが推測できます。すでに持ってきていた飲物は全て飲み干しており、手持ちのタオルはビショビショになっている。自分でも「これは危ないヤツだ!」と察知することができました。やっと途中の茶屋に寄ることができて、スポーツドリンクとお茶を買ってどっちもがぶ飲みしました。

炎天下ではないし、カートで走ると風が吹いて少し爽快だし、でちょっと油断していました。でもあの尋常ではない不快感が自ら発する警告なのだな!と察することができて良かった。ついつい「周りの仲間にも迷惑をかけるし自分だけの感覚だから大丈夫だろう」とやり過ごしがちになる状況だから、自分自身の発する異常感覚は大事にしなければならないなと痛感した次第です。

 

|

« 赤信号 | トップページ | 診察室の椅子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤信号 | トップページ | 診察室の椅子 »