心と体

価値観~ウンチが見える人、バラが見える人~

連載するコラムの7月号が発行されたので、転載します。これは2008年2月に初めて書いたものを編集したもの。「奥さんはこれを読むんですか?」とスタッフに聞かれました(笑)

**************

『価値観~ウンチが見える人、バラが見える人~

「みて、みて。きれいなバラの花が咲いたよ!」

若い頃、妻はたくさんのバラを丹念に育てていました。ある日、そんな彼女の弾んだ声が庭から聞こえてきたので、その声につられて庭に出てみました。 「なんじゃこらっ!」 私は、我が家の愛犬が庭にした大きなウンチを足元にみつけて悲鳴を上げました。××という顔をする妻を後目に、私は急いでウンチを片づけ始めます。「どうしてこの汚いものを放ったらかして平気なのだろうか。花どころじゃないだろ。なんでオレがこんなことしなきゃならないんだ!」と不平不満を並べて処理していたら、もう花を眺める気分ではなくなりました。

こんな心境から卒業したのはいつの頃だったでしょうか。ある時ふと気づきました。彼女には、きれいなバラの花の姿がまず目に飛び込んでくるのです。そこにウンチがあってもなくてもバラの価値に変わりがないのです。私には、汚いウンチが見えるのです。そこにウンチが見えるだけでバラの価値がなくなってしまうのです。とても単純な話です。見えない人に「なぜ見えない?」と不平を言っても始まりません。ウンチは、見えて気になる私が片づければいいことで、ウンチがすっかりなくなったら私の目にも庭に咲いたきれいなバラの花がしっかり見えてきます。そうすれば、二人とも気分良く同じ“きれい”を共有できます。妻はいつも前向きです。良いものばかりを見る目を持っています。悪い面ばかり見つけていく私には到底真似できない、うらやましい性格です。私は掃除が好きです。整理してきれいになるのが好きです。妻はクリエイターとして、きれいなものを作り出すのが好きです。ただ、それだけの違いのように思えます。「自分が損をした」と苛つくのは自分の価値観に相手が合わせてくれないことが不満だからです。「価値観が合わないから」といって離れていく人たちは、価値観を必死に合わせようとして疲れてしまうのではないかと思います。休みの日、「せっかくの休みなのだからもっとゆっくりしたらいいのに」という妻に向かって、「せっかくの休みなのだから何かしないと勿体ない」と言い返して早朝からひとりで動き回る私・・・価値観を相手に押しつけさえしなければ何も問題はないように思えます。

現実にあるものは一つですが、みんなが自分と同じように見えているとは限りません。むしろそんなことはほとんどないでしょう。たとえ見えていても同じ様に感じるとは限りません。「なぜできない?」と相手の行動にイライラしている人は、自分の価値観が相手の価値観とどう違うのかちょっと俯瞰してみてはいかがでしょうか? 「信じられん!」と苦笑いしながらも、意外と気持ちが落ち着く自分に気づくと思います。

| | コメント (0)
|

思惑の違い

先日、紙巻きたばこをグローに替えたという人が人間ドックを受診されました。最近は、電子たばこや加熱式たばこがコマーシャルに乗っかって急速に普及しており、乗り換えした愛煙家も多いようです。「私は数ヶ月前からたばこはやめました」と胸を張って云う御仁。「今はもっぱらアイコスです」とか「グローにしました」とか悪びれずに云い足すのは、それが「たばこではない」(紙巻きたばこよりはるかに健康的で、周囲の人にも迷惑をかけていない)と信じているからでしょう。

医療者は、その理屈がほぼ否定されていることを知っています。日本禁煙学会などから論破データが続々と紹介され来ているからです。くだんの受診者にそれを知らせてあげようと思って、結果説明の前にインターネットで『グロー』で検索してみました。ところが、驚いたことに、否定的な記事が1つもヒットしません。いかに害が少ないか、試してみたけど問題なさそうだ…そんな記事だけが出てきます。いやそれはおかしい、世界的にも医学的に完全に論破されていることはわかっているのだから、普通に検索したら、せめて肯定的な記事と同数の否定的な記事があって当然である。

明らかに作為を感じました。検索の一覧の順番はどれだけ記事を読んでいるか、ヒット回数の順だから、何度も読みに行くと上の方に上がって行くと云うことは知ってはいましたが、ここまで極端だとちょっと怖い。最近は、何でもかんでもネット検索、医療情報を医療者自身もネット検索して確認している現代。しっかりしておかないと、医療者でもウソ情報を信じてしまいかねません。因みに、検索ワードに『グロー』だけでなく『日本禁煙学会』と付け足すと、今度は否定的な記事ばかり。これはこれで、なんか怖いです。

| | コメント (0)
|

水を飲まない

この1週間、一人の生活をしてみて分かったことがあります。私、独りでいると意外に水分を取らないんだなということ。毎日あれだけ頻回に起きていた夜間のおしっこがほとんどない。午後の仕事中にも何度も小便で抜けていたのにほとんど行かない。小便の色が異常に濃くて、血尿じゃないかと思うくらい。そんなに生活が変わった感じはしない。火を使いたくないからおかずはスーパーで惣菜を買ったけどご飯は自分で炊いたし冷奴や納豆がメインなのも前とは変わらない。独りだからといって酒の量が増えるでもなく減るでもなく、夜更かしするでもなく(テレビも見ないからする事がなくて、むしろいつもより早めに就寝)。でも、確かに毎日一本は消費していた2リットルのペットボトルが1週間もったから、水分を取ってないのは事実なのだと思います。

頑固な咳が続いて長いこと散歩ができず、雨が降って出られない日もあり、久々に出たらあまりの暑さに愛犬の方がへばって自ら近道を選択したりしたから、たしかに活動量が極端に落ちました。職場で無駄に歩き回っていたのも、風邪をひいた上に愛犬の下痢や妻の緊急入院などが重なるうちにどうでもよくなって動かなくなった。それは事実。だから喉が乾かなかったというのはわかるけど、その分汗のかき方も全然違うから、おしっこの回数の変化にはあまり関係がなさそう。

なんか、歳とって、独りの生活になったらこんな感じで気づいたら脱水症や腎不全に陥ったりするんじゃないかしら。世のお年寄りたちが救急車で連れて来られるたびに、「こんなになるまで喉が乾かなかったのかしら?」「 無駄にガマン強いからな」とか思っていたけれど、そんなんじゃないのですね。よほど意図的に飲まない限り、そこに水があっても喉が乾かないから飲もうとは思わな。実感。そんなことに気づいた感動よりも、自分がそんな年寄りになってしまったことのショックの方が大きいのであります。

| | コメント (0)
|

散髪屋で血圧管理

先日Medical TribuneのDoctor's Eyeで慶応大学の香坂俊先生が紹介していた<床屋で血圧は下がるのか?>はとても示唆に富んでいて面白かったです。アメリカからの報告で、52の理髪店に参加してもらい、高血圧を有する理髪店の常連客319人に対して血圧測定をし、理髪店で店主が紹介する薬剤師によって血圧管理をしてもらった場合、単に店主が生活習慣改善の指導や医師の診察予約をすることを促した場合よりも3倍も降圧効果が得られたというものです(N Engl J Med 2018; 378: 1291-1301)。参加した常連客は低所得者が多く、肥満や喫煙などの人も多くて普通の比較試験の対象に選ばれない様な人が多かったのも特徴だそうです。

このように、医者などその場に直接介在しなくても、信頼できる人(理髪師)の勧めがあって、その人のいる場所に専門家(薬剤師)が常駐して、直接管理してくれるならば、患者さんはきちんと治療を受けるのだということ。毎月必ず顔を出す理髪店が医療機関の出張所扱いになれればいいだけのことです。当たり前かもしれないけれど、「病気だから病院に行く」が事の始まりだと定義する限り病人は絶対に減らないのです。おそらくAIを駆使して自分でさせようとしてもうまくいかないと思います。もっとも、そんな出過ぎたお節介をする輩は絶対に法律が許してくれない。「何かあったら誰が責任を取る?」の答がないことに誰もが尻込みをするからです。

たしかに、地域の人間との信頼関係というのは、いろいろな理由を付けて病院に行きたがらない人たちの心を開かせてくれる大きな力を持っていますね。こういう人間関係がなくなってきて、利害関係と責任問題だけが表に出る社会をだれも望んではいないでしょうに・・・。お金を安く上げるために大量の店員が流れ作業でカットしてくれる店や評判のカリスマ美容師のいる店では、この研究は成立しないでしょう。医療は自然科学!と意地を張らず、”人情”が大事なアイテムだということを今一度再認識させてほしいなと思うばかりです。

| | コメント (0)
|

むっちゃ体力が落ちた

今夜、医師会の産業医研修会に行って路面電車で帰ってきました。最寄りの電停で電車を降りて自宅まで、いつもなら10分から15分のウオーキングコース。もうこの地に自宅を建ててから20年以上、街に出かける時にはいつも使っている電停までの行程です。

どうということもなかったこの道を、昨夜初めて「この道、遠いなあ」と思いました。別に、息切れするわけでもないし、所要時間がいつもより長くかかったわけでもないんですが、何か、歩いても歩いても前に進まない感じを実感しました。

10日ほど前に風邪をひいてそのまま頑固な咽頭炎、夜間咳嗽の激しさで眠ることもできず話すこともできずという状態から、抗菌剤や咳止めを処方していただいて昨日くらいからやっとこさ落ち着き始めたわけですが、それでなくても腱板断裂を起こしてからの2ヶ月間激しい運動をする気になれず、ゴルフの回数も激減し、続けていた筋トレや体幹トレーニングも取りやめにしているのに加えて、必ず毎日続けていた職場内のウォーキングもここ数日は全くやっていません(毎日早退していますし)。ワンの散歩すら、続く梅雨でまともにできていないのに・・・。

人間には”運動欲”という欲は存在しないから、できない理由を並べる限り絶対に運動はしなくなるし、それによって歳を取れば取るほどに筋肉は簡単に無くなっていく・・・あちこちの講演で云い散らしてきたわたしですが、いつの間にかその渦中の人間に自分自身がなってしまった、というおはなしです。

| | コメント (0)
|

睡眠薬と認知症

認知症リスクが高い睡眠時間は?~久山町研究

困った・・・「日本人高齢者において、『睡眠時間5時間未満もしくは10時間以上』『睡眠薬の使用』が、認知症や死亡の危険因子であることが示唆された。九州大学の小原 知之氏らが久山町研究での調査結果をJournal of the American Geriatrics Society誌オンライン版2018年6月6日号に報告」という記事がCareNetから配信されてきたんですけど。

睡眠時間のU字カーブは以前から分かっていたことなので別にいいんですけどね。「睡眠薬の使用が認知症や死亡リスクに及ぼす影響を調べたところ、睡眠薬を使用している参加者は、睡眠薬を使用しない1日睡眠時間5.0~6.9時間の参加者に比べ、認知症リスクが1.66倍、死亡リスクは1.83倍であった」というところ・・・。「最近の睡眠薬は依存性が生じにくいから積極的に服用して質の良い睡眠を取るように心がける方がむしろ健康的な生き方なんですよ」って説明してきたのに、それがウソだということになってしまう。「寝酒パターンになるくらいなら睡眠薬飲んだ方がいい」と云ってきたのに・・・眠る目的で寝酒する輩が増えてしまったら、本末転倒だよ~。

”睡眠薬を必要とする”という時点でバイアスがかかっているのだから、比較するなら”睡眠薬がないと良い睡眠を得られないけれど、がまんして睡眠薬を飲まないでいる”人としてほしい気がします。あるいは、”眠れないから睡眠薬を使わずに酒を飲んで寝る”という人との認知症や死亡リスクの比較を・・・かえって難しいのかしら。

でも、これが久山町研究だからこそ、データが一人歩きしそうで、ちょっとこわい。

| | コメント (0)
|

なめられる?

医療系の投稿ページに、「機嫌のよい人は結局損をする」という項目がありました。たしかに仕事を頼むときは、機嫌よさそうな人や頼んだらすぐに引き受けてくれる人に声をかけてしまうのが当たり前だなと思います。うちの職場でも、アテンダントさんが急な仕事のお願いをするときに、「今忙しいんだよ!」「担当が決まっているでしょ!」と叱られる先生には声をかけづらく、結局声をかけやすい先生=頼んだらいつも引き受けてくれる先生に声をかけてしまうから、優しく引き受ける人ほど損をする、ということが問題になりました。そのために時間割を作って、どんなに忙しくても、その割り当て時間には断らずに頼まれ仕事を優先する担当、というのを作ったことがあります。今でもそれは続いているのでしょう。

頼まれやすい人は、断らない人、優しい人。決してなめられているわけではないけれど、いつも苦虫をかみつぶしたような顔をしているわたしよりも、いつもにこにこ温和な顔をしている先生の方が絶対に頼まれやすい(頼みやすい)。「それって、損だ!」から、頼まれないように不機嫌な顔をしておく方が得策・・・そんなことを思っていた時期もありますが、この歳になると、考え方は完全に逆になってきました。周りの人にどんな時でも声をかけられる、相談される、頼まれ事が多い、そんな人は、”なめられている”のではなく、”信頼されている”のであります。怖れられて声を掛けづらい人は、そのまま敬遠されてしまう。「ふん、それで良いんだもん。それの方が楽だもん!」とか強がってみてもそれはそれは寂しいモノ。日頃から上機嫌で鼻歌交じりの脇のあまい態度を取っておきたいものです。まあ、今までぶっきらぼうだったものが急ににこにこされても、ちょっと気持ち悪いけど・・・。

| | コメント (0)
|

ミルクチョコレート vs.ダークチョコレート

世の中、いろいろな研究テーマを見つけ出すものですね。

ミルクチョコレート vs.ダークチョコレート、視力に良いのは?

アメリカ、University of the Incarnate Word Rosenberg School of Optometry(Jeff C. Rabinら)の研究報告の紹介です(JAMA Ophthalmology誌オンライン版2018年4月26日号)が、短期間の血流改善や気分および認知機能を改善させるとされるダークチョコが視力ならびに大きい文字と小さい文字のコントラスト感度に対する短期効果もあるのかどうかを調べたそうで、若いボランティア男女に、ダークチョコレートとミルクチョコレートを別個に食べてもらい、1.75時間後に視力とコントラスト感度を測定して比較したそうです。

まあ、ダークチョコレートの方が有意に良くなったという結果には何の文句もありませんけど、ミルクチョコと比較されてもなあ。しかもその差は有意とは云え微々たるものの様で、結局、どんなチョコでも食べないより食べた方が良いということではないのかしら? 免許証更新の視力検査の時には直前にチョコを食っていくと良いのかもね(笑)

| | コメント (0)
|

京都の御仁はお茶がよろしい。

緑茶は口腔関連QOLに好影響~亀岡スタディ

口の中の健康に関連する生活の質について京都亀岡スタディ(亀岡市在住高齢者を対象としたコホート研究)を使って国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(南里 妃名子ら)が調べた結果によると、65歳以上のご高齢日本人の場合は、緑茶をたくさん飲むほど口の中が健康に保たれるのだそうです(European Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2018年5月23日号)。

コーヒーでは有意な相関は見られなかったのだそうですが、この自己申告調査って、コーヒーがブラックかミルク入りか砂糖入りかとか細かく分けてみたのだろうか? ま、わたしはコーヒーより緑茶の方が好きだから、問題ないんだけれど・・・。

| | コメント (0)
|

要するに病気やからね

『スポーツ心臓』って、要するに病気やからね。

本来の心臓機能では乗り越えられない負荷がかかってやむを得ず変化したものなのだから・・・プロスポーツ選手ならそれは”職業病”(チェーンソーを使う林業の方の『レイノー病』みたいなもの)だし、「今は止めたけど昔はバリバリのスポーツ選手やった」という人ならそれは単なる”後遺症”やん。

自分が運動をあまりしたことがない医者ほど、『スポーツ心臓』の単語を並べてもてはやして、「これはスポーツ心臓だから、健診の心電図検査で異常があると云われても気にするな」とか平気で云うけどね、スポーツ選手や元スポーツ選手は突然死することが多いのだから、少なくとも『スポーツ心臓』は自慢することでもないし、むしろ「心臓が普通の人より悪い」と思っていてほしい、というのがわたしの本心。

ま、凡人のわたしにとっては、所詮他人事ですけどね。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧