心と体

ケトン食

ケトン食で片頭痛発作が減少

 Medical Tribune2022年09月06日配信の記事を読んでみました。

”ケトン体産出レベルまで糖質の摂取を制限するケトン食療法”をすると過剰な体重および体脂肪量が改善するだけでなく頑固な片頭痛が改善する可能性があるという後ろ向き観察研究論文の紹介です(イタリア・Santa Maria della Misericordia University HospitalのMariarosaria Valente氏ら、J Clin Med 2022; 11: 4946)。

”3カ月間のケトン食療法の終了時に評価を受けていた23例(平均年齢47.22歳、女性22例)。診断は前兆のある片頭痛が8例、前兆のない片頭痛が15例、反復性片頭痛が13例、慢性片頭痛が10例、薬物乱用頭痛が6例”で症状改善の評価をしたら、15例(65.2%)で頭痛日数が半減したそうです。で、症状が改善した群もしなかった群も同等に体重と体脂肪量が有意に減少したので、肥満が改善したから症状も改善したというわけではない、ということを云いたいようでした。

まあ、冷静に考えたら、ケトン食療法をしても片頭痛が改善したのは半数だったという結果なわけで、「だからケトン体ダイエットをやるべきだ」と積極的に勧めるほどの内容でもない気がしますが、薬でも改善しないで社会生活に支障をきたしているような片頭痛患者さんにとっては朗報なのかも知れません。ケトン体ダイエットはもはや市民権を得た健康法ではあるのですから、片頭痛はとれなくても健康的に痩せられるかもよ、という軽い気持ちで取り組めるんじゃないか?ということでしょうか。もちろん、ケトン体が産生されるほどの糖質制限食はそれなりにモチベーションが高くないと続けられるものではありませんから、肥満者がダイエットを目的にする場合を除けば、学者さんが云うほど簡単な方法ではありませんけれど。

| | コメント (0)

眠りのジム

質の良い睡眠をとることで、肥満のリスクを抑えつつ成長ホルモンの分泌を促進し脂肪の分解を促進、結果として痩せる期待が高まる”というのはもはや自明の事実になってきました。生活習慣病は睡眠で語る時代です。

NTT西日本が開発して会社の社員をモデルにして実践した結果、画期的な効果が出たという『眠りのジム』(副題が『眠りを鍛えるダイエット』)・・・ここではアプリの紹介をするしかできないですが、興味ある人は登録してダウンロードして、会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

実験では実施者の約8割が減量成功という結果が出ており、高い目標達成率が期待できる。食事制限や栄養バランスの管理、スポーツの実践などを確実に社員に実行させるのはハードルが高い。社員の挫折を防ぐシンプルなダイエットプログラムは健康管理対策に悩む企業にとって検討の価値がある=眠りを鍛え「歩いて眠るだけ」で効果が出るユニークな「特定保健指導『モデル実施』プログラム」!

と紹介されています。生活習慣病の管理をするアプリはたくさんありますが、実践の成果が達成できたら自宅にご褒美のギフト商品が届く、というのは魅力です。デジタルギフトよりも達成感があり家族も喜ぶもの(カフェインレスコーヒーや入浴剤や低糖質のおかし、ノンアルビールなどだそうです)。インセンティブはこういう取り組みには絶対的に必要なもので、「お得感」がないとあまり魅力はないというのが常識ですが、この程度の物だと”もらった者勝ち”的な感じがします。

 

| | コメント (0)

不定愁訴

甲状腺ホルモンを飲むとその数時間後にものすごく身体がだるくなるようになった。動悸を感じることが増えた。前より気温の寒暖差に敏感になって、ちょっとした変化に身体が対応できなくなった。

甲状腺の全摘手術を受けて甲状腺ホルモンの服用が必須になった妻が、術後数ヶ月してから訴えるようになった”不定愁訴”です。なぜ”不定愁訴”と呼ぶかというと、それを外来受診時に主治医に話しても鼻で笑われてしまったからです。「甲状腺ホルモンの値が完全に正常範囲内にあるのだから、甲状腺ホルモンのせいでそんな症状を起こすことはない。更年期障害かなんかじゃないの?」と。「だって、明らかに術後から起きているし、内服したら起きるのだから関係がないはずがないのに」・・・不満げな彼女はネット検索をしてみました。そうしたら、世のSNSの中には、ほぼ同じような境遇で同じような症状を訴える書き込みが大量に見つかりました。「ほら、やっぱり、そうでしょ!そうだと思ったのよ!」・・・嬉々として彼女は声を弾ませました。

人間ドックの結果説明をしているときに、「浮腫む」とか「眠れない」とか「なんか変」とか、そんな不定愁訴の相談を受けることは少なくありません。当人としては、「どうせ主治医の云ってもバカにされるから云わない」とのこと。主治医は自分の経験値として感覚的に理解できないものは相手にしない傾向があります。「更年期障害みたいなもんじゃないの?」と。でも更年期障害は女性ホルモンの不安定さ(今まであって当たり前だってのものがなくなってきた影響)がなせる技なのだから、たとえ外からホルモン剤で補充して検査値を正常に保ったとしても生来あるホルモンと余所者ホルモンでは体内反応が違っててもおかしくはないと思います。そんな人に妻のエピソードを話すと「そうでしょ。やっぱりそうでしょ」「よかった」とものすごく安堵の表情に変わったのが印象的でした。そういうパターンがこれまでの3人か4人か経験して、身体の反応は理屈では解決できないことがたくさんあるのだということを悟りました。「それは関係ない」と云い切るのはその筋の専門家に多いのだけれど、自分の知らない現象が理屈で説明できない現象として、それでも何らかの因果関係がその病気の治療や処置によって起きることがあるのだということを念頭に置いて患者さんの訴えを聴いておくことが大切だと思います。

一方で、食物アレルギーの症状がひどくなった妻が紹介されて受診した呼吸器の専門医は、ものすごく聴く耳を持ています。聴く耳を持っているというより経験値をしっかり自分の中で整理できている感じ。今までどこの医療機関を受診しても「よくわからない」と拒まれていた症状のひとつひとつに「そういう人が確かに居ますよね」「それはわたしの知っている患者さんの症状の中では一番強いかも知れないけれど、理解はできますね」と云って自分なりのメカニズムを解説してくれたそうです。

自分の”不定愁訴”を相手が理解してくれたとしてもその治療方法があるわけではありません。でも、それを理解してもらえるという安堵感は計り知れないものがあるのだろう、と妻のエピソードを聞きながら痛感した次第です。

| | コメント (0)

ソイの使い道

植物肉や大豆ミートは健康に良いと話題に 日本でも急成長 植物肉は環境にもやさしい

 ”大豆などを使った「植物肉」は、動物性の肉に代わるもので、健康増進に役立つだけでなく、環境保護の点でも優れているという研究が発表された。食品加工の技術が進め、動物性の肉とそれほど変わらない味わいや食感、満足度を再現した植物肉は増えている。「植物ベースの肉を食事に取り入れるのは、健康のために、もっとも簡単に取り組める方法となる可能性があります」と、研究者は述べている。”(保健指導リソースガイド2022年08月22日配信)

内容は、どうぞ本文を読んでみてください。

いや、これを取り上げたのは、キャンドル作家をしている妻がいつもぼやいているのを思い出したからです。キャンドルの材料になるソイ(大豆)は韓国で大ブームになって以降日本でも人気です。それが食べ物としての転用が多くなってしまって手に入りづらくなっていきそうだと。手には入るけど価格が上がりそうだと。まあ、もともと大豆は食品なんだから食べることのために使うのは本道なのかもしれませんが、それなりに棲み分けしていたものが減らされてきているのは辛いことなのだそうです。

たしか、トウモロコシとかもそんなだったことあったんじゃなかったかしら。

| | コメント (0)

久山町スコア

2022年7月に『動脈硬化性疾患予防ガイドライン』が5年ぶりに改訂されたそうです(健康教室や住民説明会の講師を引き受けなくなって、わたしの健康情報に対するアンテナは低くなりました)。先日、Medical Tribuneで『動脈硬化性疾患予防GL改訂、5つの要とは?』という記事を読む機会がありましたが、押さえておくべきは、中性脂肪の随時採血基準値と『久山町スコア』でしょうか。講演会講師をしていた頃は、この記事に出てくるような(おそらく刊行された動脈硬化性疾患予防ガイドラインに載っているような)図や表を必死にスライドに起こして準備したので、いやでも詳細を覚えたものですが、今は興味本位な読み方だからちょっと本気度に欠けます。

脂質異常症診断基準に新たに中性脂肪値の項目を追加し、空腹時採血で150mg/dL以上、随時採血で175mg/dL以上を高中性脂肪血症とする診断基準値として設定しました。この値の根拠は”空腹時TG 150mg/dLは吹田研究の結果(J Atheroscler Thromb 2021; 28: 1275-1288)を、随時採血TG 175mg/dLは非空腹時のTGと冠動脈疾患発症リスクの関連について示した検討(Am J Epidemiol 2001; 153: 490-499)およびNIPPON DATA90(J Epidemiol 2022; 32: 303-313)を基にしている”らしいです。先日、メタボ健診の基準を変える案が出ていましたがこれもこのガイドライン改訂に準じたものだったのでしょう。ところで、高中性脂肪血症は今まで脂質異常症の診断基準に本当に入っていなかったんでしょうか? わたしの勘違いだったのかしら。

そして『久山町スコア』。久山町スタディの歴史は長いし世界的に定評のある疫学調査が基本にあり全ての動脈硬化系疾患の基準として存在しているものなのでそのことに何の異議もないのですが、たしか前回までは『吹田スコア』(吹田研究による詳細なスコア化)が使われていたと思います。あれが今回失格になった(却下された)理由は何なのでしょう? そのことがこの記事には触れられていないのですが、ガイドラインそのものには書かれているのかしら。そこにだけ興味があるから、どこかでガイドラインを手に入れてちょこっと読んでみたいものです。

 

| | コメント (0)

運動嫌いな人のために

運動はどれくらいやると良い? 週1回だけの運動ではダメ? 加齢にともなう筋肉の減少を防ぐために

健康を維持するためには1週間で、まとまった時間をつくり集中的に運動するよりも、少なめの量でも運動を毎日行った方が、より効果的とした研究が発表された。「少量の運動でも週に分散して、できるだけ毎日行うようにし、蓄積していくことが重要です」と、研究者は述べている。”(保健指導リソースガイド2022年08月22日配信)

やはり、世間の多くの人は「運動は極力したくないんだな」とこれを読んで思いました。「せっかく運動するなら痩せられて健康に効果的な方が良いですよね」と、むかし運動指導士さんが健康教室で話していたのを思い出しました。効果ないのならわざわざしたくないのが『運動』てか。そして、運動嫌いな人には大変申し訳ないけれど、効果ある運動は週末にまとめてがんばる運動ではなくて毎日こまめに少しずつやる運動なのだそうです。「日常生活で続けられる運動だから運動嫌いな人にも続けられそうです」なんてコメントをいう人はきっと日常で運動をする習慣のある人です。少しずつとはいえ毎日続けるというのは運動嫌いにはものすごく高いハードルです。よほど、週一ジムでとことんがんばる方が自分がものすごくがんばった感に浸ることもできるしその時だけ頑張れば良いから一大行事として割り切れば運動嫌いでも何とかなる可能性があります。是非ともその”効果のある運動習慣”を運動嫌いな人たちだけ集めて続けさせてみて、その効果と継続度を検討してみてほしいと思うところです。

| | コメント (0)

随時採血

中性脂肪の判定値「空腹時150mg/dL、随時175mg/dL」修正案を提示

 ”厚生労働省は、「第4期特定健康診査等実施計画」(2024~29年度)策定に向けて、「第4期特定健診・特定保健指導の見直しに関する検討会」(座長:中山健夫・京都大学大学院医学研究科教授)を設置し、特定健診・特定保健指導のあり方について検討を進めている。

その中で、”「空腹時150mg/dL、随時175mg/dL」と修正する案が提示された。これに伴い階層化に用いる標準的な数値基準とあわせて修正される見込みとなった。”という報告がありました(保健指導リソースガイド2022年08月23日配信)。

そもそも血糖値と同様に食事の影響を受けやすい中性脂肪の値を厳密に評価するために「前夜からの厳格な絶食」とか「9時間以上の絶食」とかを条件にして採血検査すること自体が日常を反映していないし、そのために「健診は午前中でなければ正確ではないからそれ以外は参考値とする」みたいな、まるで健診を受けるために過ごし方を制御するとかいう本末転倒な事態が検診の常識としてずっと続いていたわけです。血糖については「やむを得ない場合は随時血糖で」という文言を加えられた経緯から、今回中性脂肪の随時採血の基準値を設けることとなったようです。血糖は随時でも基準値は同じでいいとわたしも思いますし、中性脂肪も別に多めに引っかけるだけのことだから同じ基準値でもいいんじゃないかと考えていましたが、さすがにそれではダメだということになったのでしょう。

実情に合った変更で歓迎すべきことと思いますが、さてさてこの基準値変更に伴うシステム変更にはどれほどのお金がかかるのでしょうか。アナログじゃない分だけこの程度の変更でも大がかりになることが想像されますが、うまいことクリアできるのでしょうか。お国はそういうことを全部現場の自治体に容赦なく丸投げしますからねぇ。

| | コメント (0)

スマホ脳過労

何か考えるときに「えーと」と云いながらすぐに思い浮かばないのはスマホの使いすぎによる脳過労・・・スマホからの情報量が多すぎてアタマの中で整理できなくて混乱(混線)している状態なのだ、と今朝のテレビの情報番組で云ってました。今週最初からわたしを悩ませたこともこれのせいか?と一瞬思ったけど、たぶん違う。脳を疲労させるほどわたしはスマホを利用していないから。「そんなことないよ。ことあるごとにスマホを覗いているやないか!」と傍からツッコまれそうですが、コンタクトレンズの上から老眼鏡をかけないと細かい字が読めないわたしなので、SNSで誰かからメッセージが来ていないかとか今の歩数がどれくらいだとか雨雲予想がどうなるかとか、その程度のアバウトな情報収集しかしていません。夜はたしかに床についてもスマホ開けるけど最近はすぐ眠くなるから5分も弄ってないかな。

その情報番組の中で、スマホによる脳疲労から脱却するための方策として「家族や友人との食事中にスマホを弄らないようにすると良い」というのがありました。まあそれ自体は当然・・・というか「人が話をしているのにスマホ弄りながら聞き流すのは人としてどうよ」と思うのですが、外食のシチュエーションを考えたときにちょっと気になってきたことがあります。わたしは、食事の最中はスマホを弄りません。食事に専念したいのと物をクチに近づけるのにスマホを弄るのが不潔だと感じているから。でも、注文してから食事が出るまでの間はわたしも妻も黙ってスマホを弄ります。特段その時間に話す内容がない(わざわざここで話さなくても家で十分話せるし)からではあるのですが、このコロナ禍で「マスク会食しろ」と云われている中で、食事中に会話なんかできますか? わたしは前もって予約して、きちんと各自がパーテーションされたテーブル席で食べますが、あのアクリル板越しの会話って想像以上に聞き取りづらく、それにさらにマスクなんかしてたらよほど大声で話さないと聞こえません。そんな労力使うくらいなら食事が終わって店を出るまでは黙って暇つぶしにスマホ弄っている方が建設的だという気がしてなりません。

それでなくても、わたしの職場ではプライベートでの会食は「家族またはごく親しい友人で4人以下に限る」と厳しく規定されています。食事中に顔を合わせる人はもう完全に限られていて、いつも同じ顔ぶれでいつも同じ店で・・・なのですもの。飽きますよね。だからあまり外食しなくなっているのですが。

 

| | コメント (0)

hungryでangry?

“お腹が減るとイライラする”は本当か

"空腹時にイライラ感や怒りなどのネガティブな感情を抱いている状態を、英語ではhungry(空腹)とangry(怒り)を合わせてhangryという"らしく、この『空腹のときにイライラしたり怒りっぽくなる』ことの真偽を研究した結果が英アングリア・ラスキン大学のViren Swami氏らによって『PLOS ONE』という雑誌に7月6日に発表されたそうで、それによると、「空腹は、怒りやイライラ感といったネガティブな感情と結び付いていることが明らかにされた」とか。その理由として、「血糖値が下がり始めると、脳が正常に機能しなくなって混乱し、イライラしやすくなる」あるいは「空腹時には、周囲から得る手掛かりを否定的な目で見て解釈する可能性が高い(今私が空腹だとすると、私は自分の目の前にいる人や、暑さ、その他の環境中のあらゆる刺激を否定的に捉えがちになる。それが怒りの感情の原因になる)」と書かれていました。

要するに「腹が減るとイライラする」は人間の当たり前の行動だと証明されたということのようです。むかし、人間ドックの受診者さんが「おーい、まだか!おれは昨夜から何も食ってないんぞ!」と大声で怒鳴っている光景を何度か目にしたことがあります。「おれだって食ってねえよ」とココロの中でつぶやきながら業務をしたものです。でも、わたしはこの結果が真実とは思えません。なぜなら、自分は腹が減っても別にイライラしないから。というよりむしろ空腹感を強く感じる時に「健康だな」と満ち足りた気分になれるから(笑)。変人扱いしないでください。ここでも何度も書いてきましたが、朝起きたときに強い空腹感を感じない人は前の日の晩に食い過ぎて夜中に体内が処理しきれなかった状態の人であって、健康のバロメーターは朝の激しい空腹感で測れます。かくいうわたしはもう20年近く朝食を取らないでいるので朝からずっと空腹です。でも、ちっともイライラしません。むかし「朝を食べることが健康食の基本だ」と信じていたときは朝を食べないとものすごい不安感に襲われていましたし確かにイライラしていましたが、いつも食べなくなったらむしろ空腹感を感じているときの方が体調が良いのでアタマの中も快調であります。

むしろわたしは、睡眠不足のときの方が明らかにイライラします。人は、食べることよりも眠ることの方が最重要項目なのだろうなと実感している次第です。
 

| | コメント (0)

リバウンドのこと

多くの人がダイエットは経験しているし、その中の多くの人は少なくとも一度はダイエットに成功しています。

「あれ、やせましたよね? すごいですね」
「まあ、それなりにがんばったからね」
スッキリしたカラダと晴れ晴れとした表情でそう答えたのに、ちょっと見ないうちに元に戻る(あるいは前より大きくなる)なんてことも多くの人が経験していることでしょう。わたしなんか10キロ~15キロレベルでもう7、8回は上げ下げしてきています。「もうこれで最後やろう」と思うのにいつの間にかリバウンドしてしまう。だからそんな方々の気持ちがよくわかります。

このとき、リセットして再出発しなければならないとなったときの敵は大きく分けて2つあります。「またあんな苦しい思いをするのはちょっと無理。もういいかな」という『逃げ腰パターン』と「一度成功しているから、自分はまたいつでもやる気になればできる自信がある」と云うのにやる気にならない『言い訳パターン』。どっちも自分の弱みにつけ込んでくる自分の中の悪魔に耳元で囁かれるわけです。わたしの場合はどちらかといえば後者かしら(「時が来ればやります。でもそれは今ではありません」というパターン)・・・もちろん時が来たからちゃんとやって再びダイエットすることには成功はしていますけれど、体重が乱高下すると最終的にやせていても太っていても、ずっと肥満だった人の方が長生きするというテータを以前見たことがありますから、できたらそのままキープしたいのですが。

リバウンドは、あくまでも”生き延びる事”に対する強い生存反応ですから生きていく上では重要なことではあるのだろうと思います。「ご主人がご乱心して突然の飢餓を作り始めたからなんとかして飢餓から脱却させなければ」という忠実なる部下の決死の反応です。だから、再度ダイエットをする場合にはかなりのモチベーションが必要です。前回がキツかったのなら、過去の栄光にあまりしがみつかずもうちょっと緩めの目標設定してみるといいのでしょう。まあ、人間は弱い動物だから、緩めるとどこまでも緩めてしまって気づけば「何もしてないのと同じ」ってこともありますけれど・・・それでも「がんばろうとした事実」は大切。自分のカラダに自分の本当の想いを分かってもらうためには、自分が如何にマジなのかを行動で示さなければなりませんから、まあ何度も何度も自分と戦ってみてください。その時に、「何に対して何のために戦っているのか」ということだけは明確にさせておかなければなりません。そんな自分との戦いは決して空しく終わることはないはずです。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧