心と体

サプリ

サプリメントは効果がある? マルチビタミンは「効果あり」「なし」の両論が ビタミンDのサプリは推奨

マルチビタミンのサプリメントを利用しても、死亡リスクを低下させる効果はみられないことが、米国の約40万人の成人を20年以上にわたり追跡した調査で示された。一方で、マルチビタミンのサプリを飲むことで、高齢者の認知機能の老化を遅らせる結果が示されたという、別の調査結果も発表された。またビタミンDは、カルシウムの吸収を促し、骨を丈夫にする重要な栄養素だ。ビタミンDのサプリについては、高齢者・小児・妊婦、さらには2型糖尿病のリスクの高い人に対しては、十分な量のビタミンDを摂取することが推奨されている。”(保健指導リソースガイド2024年07月08日公開)

サプリメントの功罪をひとことで評価するのはむずかしいところです。特に今回の紅麹事件があって以降、特に単純な理屈だけでは何も推奨できない時世になったと云っても過言ではありません。サプリメントは『足りないモノを補う』という概念だったはずなのに、欧米から「健康的な食べ方を放棄して代わりにサプリを取っておけば偏食があっても全然大丈夫」という考え方が蔓延るようになり、まるでそれがハイセンスなオシャレな生き方だと勘違いする方向に向かってしまった気がします。もちろん、土壌が瘦せてきている昨今、自然の食材から得られる栄養素がどんどん少なくなってしまったものを補うという意味ではサプリを上手く利用したいものだという思いはありますが。サプリ万能というわけではありませんから、今一度、原点に立ち返ってサプリメントの本来の使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

もっとも、一概にマルチビタミンと云っても商品によって栄養素の含有量も違うし純度も違うし、あるいは酸化の有無などでもまったく効果は違うものだと思うので、十把一絡げに『サプリ』『マルチビタミン』で統計分析して真の結論が出るはずがないという気がしております。
 

| | コメント (0)

『肝(きも)に銘じる』

定期の機関誌が発行されましたので連載コラムを転記します。先月分と一緒に書き上げておいたのでもう長いこと触っていない文章ですが、やっと世に出ました。

********************

『肝(きも)に銘じる』

「貴殿の仰(おお)せを肝に銘じて、より一層精進(しょうじん)いたします。」

テレビのリバイバル時代劇を見ていると、こんなフレーズをよく聞きます。『肝に銘じる』というのは「しっかり心に刻み付けて忘れないようにしておく」という意味ですが、「”こころ”に刻みつける」のに、決して『心に銘じる』とか『脳に銘じる』とか言いません。どうしてでしょうか。きっと、心臓や脳はすぐにごまかしたりウソをついたりする臓器で、しかも忘れっぽいから今一つ信用できないということを先人は知っていたからでしょう。たしかに、“こころ”はいつもどこか移り気で、喉元過ぎればすぐに忘れてしまうもの。その点、肝臓は真面目に黙々と働く臓器だから皆からの信頼が厚く、一度銘じたら本当に一生忘れずに覚えていてくれる感じがします。肝臓は物言わぬ臓器でありながら生命の源の全てを制御するもの・・・決して裏切ったりしません。そうですよね、それが肝臓ですよね。

昔から『肝腎要(かんじんかなめ)』と言うように、肝臓の次に信用できてしかも生命維持に重要な臓器は腎臓・・・循環器内科が専門である私としては『肝心』として腎臓より心臓の方が重要だと言いたいところですが、やはり心臓は“こころ”と書くだけのことはあって、どこか軽い。まあ、それが取り柄なのでしょうけれど、こういうときには二の次、三の次に回されるのもいたしかたありますまい。

ただ、肝臓も腎臓も生真面目で一途すぎるのが玉に瑕(きず)です。大したこともないのにすぐに「動悸がする!」とか「めまいがする!」とか大騒ぎする心臓や脳と違って、肝臓や腎臓は滅多なことでは根を上げません。『沈黙の臓器』というキャッチフレーズに恥じないほどに、どんなことがあっても表に出さずにひとり黙々と頑張って頑張り抜きます。そして、その挙句に前触れもなく突然力尽きたりする困った堅物(かたぶつ)です。症状がないので、健診などで異常を指摘されて精査を指示されてもついつい放置しがちですが、肝臓も腎臓も一定レベルより悪化すると機能が元には戻れなくなる危険性がある臓器。時期を逸すると取り返しのつかない事態になりかねません。最近はマスコミや自治体広報などでも肝臓病や腎臓病の怖さをさかんに告知していますが、あれは決して大げさなことではありません。精密検査を指示されたら一度は必ず専門医の元を尋ねてください。

もちろん、「異常だ、異常だ!」と大騒ぎしている心臓や脳もたまに本物のことがあるので無視はできませんが。

 

| | コメント (0)

ジュースとうつ病

糖質の多い甘い清涼飲料が「うつ病」のリスクを高める ブラックコーヒーはリスクを低下

糖質の含まれる甘味飲料・炭酸飲料・野菜・果物ジュース・コーヒー飲料の摂取量が多い人は、うつ病の発症リスクが2.3~3.6%高いことが、国立精神・神経医療研究センターなどが40~74歳の中高年8万人超を5年間追跡した大規模な調査で明らかになった。一方、ブラックコーヒーの摂取量が多い人は、うつ病のリスクが1.7%低かった。糖質の過剰摂取による脳由来神経栄養因子の減少や炎症作用、カフェインによる抗酸化作用や抗炎症作用の影響が考えられるとしている。”(保健指導リソースガイド2024年07月08日公開)

・これまで野菜・果物を食べると、うつ病に予防的に働くことが示されていたが、野菜・果物ジュースを飲むと、逆にリスクは高くなることが分かった。(次世代多目的コホート研究「JPHC-NEXT」)

つまりは、「ジュースが悪い」と云いたいわけか。糖質や炭水化物は脳の活性化のためには取るべき栄養素ではなかったのか? 結局は量の問題?それとも化学物質の問題?

「糖質の含まれる飲料による、脳由来神経栄養因子の減少や炎症作用が影響していると考えられます。また、コーヒーを飲む習慣はうつ病に予防的に働くことが示唆され、カフェインによる抗酸化作用や抗炎症作用が影響したと考えられます」”って安易に理論づけても大丈夫なのかしら?

なんか、釈然としませんが、「疲れが溜まったらジュースじゃなくてブラックコーヒーを飲みなさい」と本当に指導しても大丈夫なのかしら。
 

 

| | コメント (0)

ストレスを管理する

ストレスはメタボ・肥満のリスクを高める

ストレスは加齢にともない増えるさまざまな健康リスクを高める。ストレスは、体内で炎症を悪化させ、肥満やメタボリックシンドロームのリスクを高めることが分かった。労働安全衛生法の改正にともない、50人以上の労働者がいる事業所ではストレスチェックの実施が義務付けられている。6項目の質問票で構成されるストレスチェックプログラムを用いると、従業員の精神疾患による長期病欠を予測できることも明らかになった。”(保健指導リソースガイド2024年07月08日公開)

・ストレスは、体内で炎症を悪化させ、肥満やメタボリックシンドロームのリスクを高める。
・インスリン抵抗性が、大きく関わっていると考えられている。
・「ストレスは心の病気に関わるもの、つまり心理的なものだと考える人が多いのですが、慢性的なストレスは炎症やメタボなど、さまざまな身体的な問題に関わっていることが示されました」

京都大学環境安全保健機構附属健康科学センターの川村孝教授らは、ストレスチェックプログラムを用いると、従業員の精神疾患による長期病欠を予測できることを明らかにし、多変量回帰分析により6項目の独立した予測因子を特定し、予測モデルを開発した。その6項目の質問は、
▼ 職場の方針に自分の意見を反映できる (オッズ比 0.652)
▼ イライラすることがある (オッズ比 0.559)
▼ 非常に疲れを感じることがある (オッズ比 1.799)
▼ 落ち着かない気分になることがある (オッズ比 1.580)
▼ 悲しい思いをすることがある (オッズ比 1.590)
▼ 家庭生活に満足している (オッズ比 0.627)

ストレスがメタボになって動脈硬化疾患を誘発するということと、ストチェで長期病欠予測ができるということを書いています。えーと、だから・・・具体的にはどう活かしたらいいんだろう?

| | コメント (0)

歩数目標

1日9,000歩で健康寿命が延伸

 ”死亡や心血管疾患発症のリスクを低下させる1日の歩数については複数の報告があるが(関連記事「週1~2日でも8,000歩で死亡リスク減」)、健康寿命を延伸するための目標歩数は明らかになっていない。京都府立医科大学大学院循環器内科学の西真宏氏らは、国民生活基礎調査と国民健康・栄養調査のデータを基に1日の歩数と健康状態および健康寿命との関連を検討。健康寿命延伸には1日9,000歩、自覚的な健康状態の改善には1万1,000歩の歩行が勧められることを、BMJ Health Care Inform(2024年4月30日オンライン版)に報告した。”(Medical Tribune2024年05月28日公開)

まず、歩数と健康寿命を反映する指標(HCAL)の関連についてスプライン曲線を用いて解析すると、年齢に関係なく歩数の増加に伴いHCLAが上昇した。特に歩数の少ない例で歩数が増加したときの影響が大きく、歩数の多い例では歩数が増えてもHCALの上昇幅は小さかった”
”健康増進のためには多く歩くことが重要だが、一定値を超えて歩いてもそれ以上の効果は期待できない

やはり、目標数値というのはエビデンスに従って提示されることが重要なのでしょうね。決して健康寿命を延ばすために歩いているわけではないのだけれど、どうせ歩くなら効果ある数まで歩いていたいと思うもの。わたしのスマホの歩数目標は7000歩に設定してあります。以前は8000歩でした。実際は毎日12000歩程度(雨の日は9000歩程度)歩くのですが、たまに忙しくて目標歩数に達しなかったときに<不合格>表示されるのが癪に障るから7000歩に減らしたのです。あるいはあと500歩で目標に達すると分かったらちょこっと追加ウォーキングとかやっちゃったりして(それがあと1500歩になると「まあ、いいか」と思って返って何もしなくなったりとかしがち)。その日だけの微妙な歩数の差にどの程度の意味があるかはわかりませんが、『目標達成』か『未達成』か、そこには自分の気持ちの上では大きな違いがあるわけです。

| | コメント (0)

コロナの現状

週末、大学の後輩がInstagramに抗原検査キッドの画像と共にコロナに感染したことを報告していました。

今、巷では新型コロナがかなり流行している様で、職場の情報によると感染者は県内でも全国でも毎週増えています。罹ってもよほど酷くないと病院には行きませんし、こっそり抗原検査して風邪薬飲んでやり過ごす(検査もせずにやり過ごす)人も多いはずだから、実際はもっともっと多いのでしょう。先週産業医に行った会社でも明らかに感染者が増えた模様。「きっとコロナじゃないよと云っていたけどさすがに熱が39度になって受診したらしっかりコロナでした。昨日から職場復帰したばかりです」と話す若い社員さん。世間はそんな状態なのですよ。皆さんお気を付けて。ちなみに今日本で一番感染者が多い沖縄に出張して沖縄観光を堪能していた知人は感染せずに無事かしら。

あーそんな話題を書くと月末の東京旅行が不安になります。「いまだにマスクして歩いている人いるんですけど、なぜですか?」というSNSの投稿を読むたびに、まあマスク装着の有無の意義付けは本人が考えれば良いとして、都会ではマスクしている人を奇異な目で見る人だらけなのだろうか?と不安になるわけです。日頃、職場ではもちろんフルタイム装着ですが、日常はよほどの人混みの中や電車内くらいしかマスクをしなくなったわたしでも、さすがに東京旅行中はホテルの部屋の中以外はしっかりマスクすると思うから。でもまあ、テレビ等見ているとしている人はしている様子なのでちょっと安心しました。出発は今月末。その頃現象に転じていると良いな、と淡い期待。

うちもこっそり抗原キット買っておこうかしら(仕事柄、原則として「風邪ひいたかな」と思ったら職場でPCR検査させられますが)。

| | コメント (0)

「上手な水の飲み方」 

暑い夏の水分補給 食事改善にも役立つ「上手な水の飲み方」 水を十分に飲むと腸内環境も健康に

汗をかく量が増える夏場は、水を飲むことで、失った水分を補うことが大切だ。夏の「上手な水の飲み方」をご紹介する。水を十分に飲むことは、食事を改善するのにも役立つことも、大規模な調査で明らかになっている。水を飲むことは、腸内細菌叢を健康にし、免疫を高めるのにも必要であることが、新たな研究で示された。”(2024年06月03日公開)

水を飲むのは大切だけどおいしくもない水を無理して飲む必要があるの?という疑問のためにこんな研究報告がでているということでしょうか(わたしは「お水大好き!」で良かった)。わたしは子どもの頃から生水を飲む習慣があって、『鉄管ビール』などといって水道の蛇口からガブガブ飲むような世代でした。まあそれだけ水道水がおいしかったということでしょうか。いえいえ、熊本の水は地下水なのでおいしいというのが有名ですが、わたしの出身地大分の水はカルキ臭いにおいでした。でも「水とはそういうものだ」と思っていたから飲めたのかもしれません。最近は、「水が苦手」という老若男女が思いの外多いですが、あれは都会の水道水がくさくて飲めない!と贅沢を云って育った親たちに影響を受けて、ミネラルウオーター全盛になっているのが原因なのかもしれません。

水を飲むことは腸内環境を健康にして免疫を高めるのにも必要>というのは意外でした。そうか、脱水になると”腸内通過時間が遅滞し、排便量の低下をともなう便秘になり、腸内細菌叢の構成も変化し、腸内細菌の総数が増加する”という理屈は、まあ理解はできます。それで、”慢性的な飲水不足は便秘症を誘発し、腸内細菌叢の構成や数を変化させ、さらには免疫細胞を減少させたり病原細菌の排除能を低下させる”となるには、一体どの程度の水分が体内に不足すると起きるというのでしょうか? まさか、食事中のコップ1杯の水を飲むか飲まないかで違うとも思えませんが。

| | コメント (0)

オーラルフレイル

口腔機能が低下する「オーラルフレイル」 健診でチェックすると転倒防止につながる可能性が

 ”口の機能が健常である状態と、口の機能が低下した状態の中間にあるのが「オーラルフレイル」。咬みにくさ・食べこぼし・むせ・滑舌の低下など、「口の衰え」の症状がある人は注意が必要になる。オーラルフレイルがあることは、その後の1年間の転倒の増加とも関係していることが明らかになった。日本老年医学会などは、新たなオーラルフレイルのチェック項⽬を提唱。5項⽬のうち2項⽬以上に該当する人は、オーラルフレイルに該当するという。3学会は合同ステートメントを発表した。”(保健指導リソースガイド2024年06月03日公開)

 日本老年医学会と日本老年歯科医学会と日本サルコペニア・フレイル学会の3学会が「オーラルフレイルに関する3学会合同ステートメント」を発表したそうで、簡単にできるチェック5項目が公開されています。
・自身の歯は何本ありますか?
・半年前と比べて固いものが食べにくくなりましたか?
・お茶や汁物などでむせることはありますか?
・口の渇きが気になりますか?
・ふだんの会話で、言葉をはっきりと発音できないことがありますか?

2つ以上当てはまったらオーラルフレイルなのだそうです。

で、該当した人はどうしたらいいのか?一般市民向けの啓蒙啓発活動をしながら、どうしてそこを詳しく提示しないのかがわかりません。口腔内機能を高める体操や固い物を噛む習慣づけとか毎回30回以上咀嚼する習慣づけとか、何かあるでしょうに。まさか、「医療者がするからそれに任せなさい!」ということではないでしょう。何かちょっと不完全燃焼というか不本意な情報でした。

| | コメント (0)

問題飲酒の危険因子

労働者の問題飲酒を調査 「週3回以上」「1回2合以上」の飲酒は危険信号

男女ともに、週に3回以上の飲酒をする人や、1回に2合以上の大量飲酒をする人は、その後に「問題飲酒」が発生しやすいことが、富山大学が1,535人の地方公務員を5年間追跡した調査で明らかになった。男性では、職位が低い人や交替勤務がある人に、女性では、仕事のパフォーマンスに関する自己評価が低い人に、問題飲酒が発生しやすいことも分かった。 「リスクの高い人に早期から介入することで、問題飲酒を予防できる可能性があります」と、研究者は述べている。”(保健指導リソースガイド2024年06月10日公開)

嗜好品の中でタバコはもはや全てが論外ですが、最近飲酒に対する締め上げが厳しくなってきました。「週に3回以上の飲酒をする人」かつ「1回に2合以上の大量飲酒をする人」という括りかと思ったら、”かつ(and)”ではなく”または(or)”でした。晩酌習慣のあるひとはほぼほぼ全てが対象になります。もちろんわたしも。

ちなみに『問題飲酒』とは、”アルコール依存症、アルコール乱用や有害な飲酒、アルコールに関連した問題や結果を抱えていること、またはそのような問題のリスクがある場合をさす”そうです。あとは、各自、本文を読んでくださいな!
 

| | コメント (0)

酒はHDLを増加させるんじゃないの?

女性は日常的な飲酒でHDLコレステロールが低下?

 ”大規模な保健医療データを用いて、40~64歳の日本人女性の習慣的な飲酒とHDLコレステロール(HDL-C)の関連を検討する研究が行われた。その結果、飲酒量が中等量以上の女性では、HDL-C値が10年間で有意に低下していることが明らかとなった。日本女子大学家政学部食物学科 臨床医学・代謝内科学研究室の関根愛莉氏らによる研究結果であり、「Cureus」に3月4日掲載された。”(Care Net2024/06/05公開)

「日本人の中高年女性における中等量以上の習慣的な飲酒は、10年後のHDL-Cを有意に低下させる可能性が示されたが、HDL-Cの有意な上昇は引き起こさなかった」と結論
日本人の中高年男性を対象とした結果では、中等量以上の飲酒はHDL-Cの低下と同時にHDL-Cの上昇とも関連していた

「エチルアルコールの濃度とHDLコレステロールの値は正の相関を示す」というのが私の知っている常識で、しかも「HDLコレステロールには運動などで上昇する”真の善玉”のHDL-1とエチルアルコールを飲むと上がるHDL-2があって、HDL-2には善玉の効果が全くない」という論文を数年前にどこぞの大学が発表したのを見たことがありますから、人間ドックの結果説明のときにはいつもそのこと(大酒飲みのHDLコレステロール値は当てにならないこと)を引用して説明していました。私自身もHDLコレステロールが高くてさらに上昇していたけれど「これは運動の効果というよりは酒の影響の方が多いかもしれない」と自分を諫めたものです。だから、わたしの知っている理屈は男性だけの理屈だったのかなと思ってこの記事を読んだのですが、なんかちょっと思ったのとニュアンスが違いますね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧