心と体

インスリン抵抗性のこと

先日受診したアラフォー女性の空腹時インスリン値が41.8(正常は2.7~10.4)、HOMA-R 11.0(正常は0.0~1.6)だったのにスタッフが驚いて、「この人は糖尿病でもないのにどうしてこんな高値になるんですか?」と質問に来ました。「わたしは糖尿病の専門家ではないのでようわからん」と突っ返しましたが、まあ、インスリン抵抗性が強いことを示す上ではそう珍しくない値なのではないか(健常者しか診ていないし、いままで健診項目になかったからなじみが少ないだけではないか)と感じました。

『インスリン抵抗性』というのは、そもそもインスリンの持つ本来の機能が筋肉や肝臓や脂肪細胞内で十分発揮されずに効率が悪くなって結果としてインスリンが過剰分泌されている状態です。だから朝のまだ何も食べていない状態でもすでにインスリンが大量分泌しているわけです。HOMA-Rという値はその程度を空腹時血糖とその時のインスリン値で計算して割り出す指標です。ちなみに、日本人に多いインスリン初期分泌不全の程度はHOMA-βなどで確認できるそうです。

一般的に、インスリン抵抗性の原因は運動不足と肥満だと云われていますし、メタボリックシンドロームの基本メカニズムとして捉えられていますから、高血圧、糖尿病、脂質異常(特に高中性脂肪血症)、脂肪肝などが関わってきます。だから、治療は運動と低カロリー食(食事療法)でやせることだ、と教科書には書かれています。ところがこの女性は、体型はスリムで筋肉質。たしかに食後高血糖はありますしHbA1cは正常上限をちょっと超えますが、空腹時血糖は正常で高血圧も高中性脂肪血症もありません。運動不足だと自戒してはいますが、日頃から身体を使う仕事をしています。

理屈は分かったとして、この人に一体何をアドバイスしたら良いのでしょう?せいぜい「生活リズムを整えて十分な睡眠を取りましょう」「良く噛んで食べましょう」くらいしか思いつきません。何か良いアドバイスをご存じの方はぜひ教えてください。

| | コメント (0)
|

腹が減ると眠くなる

「どうしてだろう、異常に眠いんだよね」と云って、二週間ほど前の土曜日の昼下がりに妻が仮眠を取りに寝室に上がって行きました。こういう場合、最初に注意すべきは睡眠時無呼吸症候群なのでしょうが、夜の様子が以前と変わった印象はありません。もっとも真夜中の睡眠事情は間違いなくわたしの方が悪いはずで、自分も寝てしまっているので正確なところはわかりません。

でも、今の彼女を襲っている原因として一番可能性が高いのは、明確な低炭水化物ダイエット(ケトン体ダイエット)だと思います。炭水化物は文字通り炭と水ですので単純にエネルギー源となります。低炭水化物ダイエットはそのエネルギー源を入れないことで、脂肪を燃焼させて新たなエネルギーを作り出す作業です。彼女の場合、ちとエネルギー源が不足し過ぎているのだと思うのです。

それはそれで良いとして、「睡眠の質を上げるためには寝る前にあまり食べないのが基本です」と云うと、「腹が減ったら眠れない。たらふく食ったらすぐに眠くなるけど」とよく反論されます。でも、それは間違いです。アタマが否定させようとしているだけ。血糖値を上げてしまうと睡眠を促すホルモン系が出なくなってむしろ自律神経系が高ぶってしまいます。食わずにエネルギー源が少なくなれば、カラダは無駄なエネルギーを使わないように制御し始めますから、必ず眠くなるはずなのです。腹が減ってイライラして眠れない人は、駄々をこねてなんとかしようとしているお子ちゃまアタマの持ち主なのだけれど、それでも何日か我慢しておけば、すぐに観念してがっつり良い眠りができるようになると思います。そうなると、朝は腹が減って目が覚めて、美味しくガッツリ朝食を食べて、活力ある1日を始められることでしょう。めでたし、めでたし。

| | コメント (0)
|

ピロリ菌のいなくなった体内

先日ちょっとここで紹介した腸内フローラの入門書(と云うか専門書)である『腸科学』を読み進めていて、ひとつ気になったことがあります。それがピロリ菌に関する記述の部分です。

今は、ヘリコバクターピロリ菌が胃潰瘍や胃がんの原因菌であり、ピロリ菌がいることが証明されたら直ちに除菌対象にされる時代です。日本では、萎縮性胃炎や潰瘍があってピロリ菌抗体が陽性であることが確認されたら、健康保険を使って除菌治療を受けることができます。欧米では親になる前に除菌することで将来自分の子どもに引き継ぐこともなくなろうとしていると聞きます。『悪玉菌』のレッテルのもと、わずか数十年で腸内から絶滅の道をたどらされようとしています。日本でも、中学生全員にピロリ菌抗体検査を行う自治体が出てきています。

これによって、今の子どもたちから胃潰瘍や胃がんになる人が有意に減ることが予想されます。人間界の勝利に見えます。でも、もともと必要のない菌は体内にはなかったはず。ヒトと何万年も共存してきたこの細菌にはどうも免疫系のバランスを最適に保つ働きがあるらしいことがわかっているらしい。これがないと免疫系は攻撃すべき標的の見分け方がわからなくなると云う。実際、生まれた時から一度も胃の中にピロリ菌が存在したことのない子どもたちに喘息やアレルギーを発症する例が増えているのだそうです。

花粉症や喘息になるのと胃がんになるのと、どっちがいいか?などということを論じ合うことにさほどの意味はないでしょう。でも、ヒトと太古の昔から当たり前に共存してきた細菌は山ほどあり、ある時突然正義の使者を名乗る刺客が現れて、「お前は悪いヤツだから生きている価値がない」と云い放たれて絶滅させられてしまう。「あの子がいたから、平和を保てていたのに」と残されたモノたちが嘆き悲しむ・・・そんな事件、これからたくさん出て来るんじゃないかしら。そうだとしたら、なんか、とても寂しく不安な流れという気がするのです。

| | コメント (0)
|

価値ある財産

連載している機関誌の春号が発行されました。今回はこんな内容にしました。これが発行されると、また1か月後に〆切りがくるなぁと追われる気持ちになります(笑)

*******************

『価値ある財産』

私が救急医療の現場から予防医療の世界に移る決心をしたのは、修繕屋の仕事に限界を感じたからでした。毎晩のように真夜中に救急車で運ばれてくる急性心筋梗塞の患者さんたち。直ちに緊急治療が始まり、血と汗にまみれながら「心臓が蘇った!」と歓喜する頃には夜が白々と明け始める・・・そんな激しくも充実の毎日の中で、ふと虚しさを感じ始めました。生きるか死ぬかの戦いに勝ったとはいえ、所詮は大きな身体の中の心臓という小さな臓器のその表面にある微細な血管の高々数ミリの詰まりを補修したに過ぎません。そんなことで喜んだところで、周りの血管の多くも詰まる寸前でしょう。もっとずっと前から何かを始めなければ後手後手の人生になってしまう。そうならないための道標になる仕事をしたい。そう思ったのです。健診の世界に来てみたら、現代人の血管は想定していた以上に蝕まれていて、さらに愕然としました。

ところが、そんな想いで働いてきた私が今また大きな壁の前に立っています。「本当にこれでいいのか?」と自問自答。人間は健康になるために生まれてきたのではない。病気にならないことが成功だとは言えないし、逝く前に「良い人生だった」と思えるのは病気にならなかったかどうかではない。それなのに世の中の皆さんが健診結果に過剰に反応し、テレビの健康番組ばかりを食い入るように見て、病気になることを恐れてビクビクして生きている。この光景を見るのは私の本意ではありません。健診は過去の自分の反省会ではなく、今の自分を知ってこれからの自分を考える場のはずなのです。

歳とともに新しい異常が見つかる頻度は増します。大病を患ったわけではないけれど、元に戻らない身体の劣化にショックを受けます。私にもそんな“壊れゆく自分”に不安を抱いた時期がありました。若い頃は病気や怪我が治れば元に戻るものだと思っていました。それが治っても元に戻らない、あるいはもう治らないと分かると同時に押し寄せてくる絶望感に似た挫折の感情。「病気になりたくない」という思いは、これの延長上にあるのかもしれません。でも、この不具合も含めてすべてが今の自分。そんな今の自分を好きになってほしい。形あるものは必ず壊れるのだけれど、初めに準備された形が人間の完成形ではありません。いろいろな修正や手垢や付け足しがあって、最後にできあがった自分こそが唯一無二の完成品だと考えるならば、失っていくものばかりに目を向けず、なくなったものを補うために成長してきたもの(身体だけでなく心も含めて)を価値ある財産として大切にしてもらいたい・・・最近はそんなことを考えながら働いております。

| | コメント (0)
|

HDLの質

今や一般の皆さんもご存じの”善玉コレステロール”ことHDLコレステロールについて、最近はその量よりも質が大切だというのが常識になっていますが、ご存じでしょうか。「HDLはただ多ければ良いというモノではない」ということです。

HDLコレステロールに動脈壁からコレステロールを引き抜いて肝に運ぶ作用があるのは有名ですが、この引き抜き作用の他にも、抗酸化作用、抗炎症作用、抗血栓作用、細胞保護作用、血管拡張作用など多彩な効能があって、併せて”善玉コレステロール”と呼んでいます。ところがこのHDLはメタボや糖尿病などの存在で徐々に大きさや構成内容が変化してきて本来の機能を発揮できないものもあることが分かってきました。

そんなHDLの状態と病気の関係を、長浜市と京都大学の共同で行われている『ながはまコホート研究』の分析から明らかにされました。「小型のHDL3よりも大型のHDL2のほうがインスリン抵抗性の増大や2型糖尿病の発症リスクの予測能に優れる」というもので、要するに「HDL2-C値が高値なほど2型糖尿病の発症リスクは低下していることがわかった」そうです。

わたしたちが知っておくべきことは、HDLコレステロールにはいろいろな種類があり、運動などで増加する”本物の善玉”はHDL2であるということ、酒を飲むと増加するHDLはHDL3が主だから「酒を飲めば飲むほど”善玉”が増える」は本当なのかどうか不明であるということ。あ~聞きたくない。わたしのHDLコレステロール値はここ10年で100mg/dl近くまで上昇しています。これは酒のせい(HDL3)ではなく運動をしているせい(HDL2)だと思いたいところです。

| | コメント (0)
|

ペット

『PET検査はどれくらいの間隔で受けるのがいいでしょうか?』

先日、うちの常連の人間ドック受診者の男性に相談されました。基本、わたしはPET不要論者なので、「受けなくていいんじゃないですか」と即答してしまって、怪訝な顔をされました。だから、「うちの売り上げを確保するという営業的な意味では3年〜5年ですかね」と云い足して、一層顰蹙を買いました。

PET(ポジトロンエミッショントモグラフィ)は陽電子放射断層撮影ともいい、細胞の生理活性に近い作用のある放射性物質を体内に注入して本来入るべき部位に入り込んだものを撮影する検査です。世間では、FDG-PETをPETだと勘違いし、さらにもともと心臓や脳の糖代謝を描出して虚血を診断するために開発されたFDGをまるでガンを早期に発見するために特化した薬剤だと思い込んでいる人も多いようです。設備も薬も高いし、注射した薬がすぐに代謝されて消えていくものなので、本来は研究室レベルの最先端の研究をするためのものでした。

まあ、理屈はどうでもいいし、どう誤解してくれてもいいのですが、高い金を払う割に決して早期のガンを見つけ出すのに万能の武器ではありません。特に人間ドックのように各臓器を標的にした検査をたくさん受ける人にとって、さらにPET検査を受けることにどれほどの意義があるでしょう。「そこに異常がなければこれから半年以上は太鼓判を押せます」というものではありません。3年とか5年とかいう数字にも何の根拠もありませんから、単なる自己満足と営業収益以外の何者でもありますまい。それなら毎年したらどうか? 受けるのは勝手ですが、あくまでもその前1年間の成績発表でしかなく、進行の早いガンなら数ヶ月後には手遅れにさせます。

バブルの頃に、都会の金持ち集団相手に始まったPET検診ですが、あくまでもこの検査はスクリーニングに使うものではありません。症状や異常所見があるのに正体がわからないとか、どこかに見つかったガンの広がり具合や転移の有無を確認するとか、そういう使い方をするために、研究室から臨床現場に引き出されてきた検査なのです。そこのところをわきまえて利用することをお勧めします。

| | コメント (0)
|

タバコと肥満児

親が喫煙すると子どもの肥満が増える

子どもの頃に親がたばこを吸っていたら過体重・肥満率が高くなり、室内で喫煙する親の子どもの方が室外で吸う親の子どもより過体重・肥満率が高かった、という結果を厚生労働省が「21世紀出世児縦断調査」から報告したそうです。

さて、これは単なる相関関係か因果関係か? そこに言及されていないからよく分かりませんが、わたしは子どもの頃に超肥満児で、わたしの父はたしかにスモーカーだったなと思ってはみるものの、関係ないでしょ。親がたばこを吸うと子が喘息になりやすいとかアレルギーを起こしやすいとか発達が遅れるとかキレやすい子ができるとかそういうのは以前から常識ですし、因果関係は明白だと理解できますが、「親が」という定義は両親のどっちかを限定していません。日頃一緒にいる母親が喫煙者なのかほとんど顔を合わせない父親が喫煙者なのかとは関係ないということになりますから、室内と室外の差(受動喫煙の有無)について言及してはいるものの、決してタバコの副流煙の曝露量との関係を明確にしているとはいえないことになります。

今時だから、喫煙に頓着せず、特に子どもの影響がどうのこうの考えない親は低所得者層に多く、食べ物の質を考える余裕がなくてファストフードや栄養バランスの偏った食べ物を食べさせていることが関与しているのかもしれないとも書かれています。

そうなると、さて、この厚労省の報告は医療現場にどう活かすことができましょうか? 「禁煙したら子どもが肥満児にならない」というモノではないから、禁煙指導の材料にはならないでしょうし、ワーキングプアから脱却できたら禁煙できる(あるいは禁煙したらワーキングプアから脱却できる)というモチベーション作りにもならない。せめて喫煙者限定で「自分の子どもたちの食生活だけは気を付けてほしい」と強調することでしょうか。

| | コメント (0)
|

メタボと硝酸塩

カロリーの摂り過ぎでなくてもメタボを誘引

野菜摂取量は全国最下位レベル、メタボリックシンドロームの有病率は突出して全国第一位、急性心筋梗塞の有病率も全国トップレベルにあるという沖縄からの研究報告が欧州糖尿病学会(EASD)発行の医学雑誌に掲載されたという情報です。

『野菜に含まれる硝酸塩などが不足した食事を長期にわたり続けると、たとえ食べ過ぎやカロリーの摂り過ぎでなくても、メタボリックシンドロームを発症し、心臓病を併発して早死するおそれがある』ということだそうです(琉球大学大学院医学研究科薬理学の筒井正人ら)。それでもって、食事で摂取する硝酸塩の60~80%は野菜に含まれるから、ホウレンソウ、レタス、サニーレタス、サラダ菜、春菊、青梗菜などの緑葉野菜を積極的に摂ることが重要だということを実証した研究データのようです。

最近は、葉物野菜だけ食ったところで栄養素の補給が不十分だとか、野菜の繊維質を摂ることでは糖尿病の血糖コントロールにはあまり影響がない(穀物線維が重要)とか、とかく単なる『野菜』の風当たりが微妙に強くなっていたところですから、葉を食うことの重要性を示してもらって良うございました。たしかに沖縄県民は野菜を食いません(というか、沖縄で食べ物屋に行ってもあまり葉っぱ頼みません)。でも、ゴーヤチャンプルとかは沖縄の食べものでしょ?昔からの沖縄県民はこんなの食っているから大丈夫だったとか?

正直云うと、この研究報告から何が起きるかというと、全国で野菜の消費量が増えることよりも硝酸塩を含むサプリが急に売れ始めるのではないか、と感じているのはわたしだけでしょうか。

| | コメント (0)
|

危険因子の認知度

糖尿病は心臓病や脳卒中の要因 5割以上が知らない

厚生労働省研究班(指定研究)の「NIPPON DATA研究」によると、心筋梗塞や脳梗塞の危険因子とて、高血圧やコレステロールが重要であることは世間で十分認知されているのに対して、糖尿病や喫煙が重要であることを知っている人は半数にも満たなかったそうです。

わたしたちのような特殊な仕事をする者にとっては当たり前のことを、世間のヒトたちは意外に知らないのだと思い知りました。「こんなこと、毎日のようにテレビでやっているじゃないの?」と思っていましたが、観ているヒトのアタマの中には残っていない。糖尿病で目がやられるとか腎不全になるとかと同様に「動脈硬化になる」とは知っていても、動脈硬化と心筋梗塞や脳梗塞が同類のものであることがピンと来ないというヒトも多いのかも。タバコ=肺がん・COPDと考えているけれど、一吸い、一吸いで動脈壁を傷つけていることをもっとアピールすべきとも思いました。基本的に、”太った、痩せた”の用語には敏感だけど、心筋梗塞とか脳梗塞とかは自分とは無縁の特殊な病気だと思っているからこそ、アンテナが低いのでしょう。

「腸内フローラ」とかは全国のおばちゃんたちがみんな知っている高度な医療情報なのだけれど、これもまたダイエットに良いか悪いかでしか観ていない・・・ということはマスコミがそういう切り口でしか情報提供しないのが悪の根源なのかもしれません。「今日、帰り道で突然心筋梗塞で倒れても全然驚きませんよ」とわたしがいつも人間ドックで発している程度のコトバは、テレビでもっと頻繁に云ってもらわないと世間の皆さんにはピンとこない、ということを物語っている気がします。

| | コメント (0)
|

ネットの弊害

先日脳ドックを受診された女性の方。急に考えがまとまらなくなったり今聞いたことをすぐ忘れたりするようになったから、色々な専門医を受診して調べてもらったけれど特に脳には異常がないと云われ、内服薬を処方されたけれどそれを飲むと眠くなって運転ができなくなるとの訴え。「だから一度徹底的に調べてもらおうと思って受診しました」という受診目的は全く当を得ていないわけですが、さらに聞いていくと、「心配だからネットで調べてみた」という。すると、「それは海馬が破壊されているからだとか、その薬は一生飲んでおく薬だとか書かれていて、読んでいくうちに怖くなった」とのこと。

ダメですよ、そんな時にネットに助けを求めては。ネットには必ず一番厳しい内容しか書かれていないのです。軽いことも書いてあるだろうけれど必要に迫られて読んでいる人には見えません。不安だから検索した以上、一番悪いことしか目に入らないもの。しかも、それを読んだ後はどんな専門医が詳しく検査してくれて問題ないと云ってくれても、芯から安心できなくなるものです。これでは、自分の悩みは絶対に解決しません。

ネットで見た不安は、外来主治医がいるのならその先生に質問しないと何も良くならないということをわかっていただきたい。飲み薬も、運転できないから飲めない、と伝えて欲しい。もしそれができそうにない相手なら、医者を変えた方がいいと思います。

「先生は、『脳が疲れてしまっているから、何か好きなことだけやってください』というから本など買ったけどなかなか読む勇気がなくて」という彼女。まさかそれ、小説や趣味の本ではなくて、病気の本とか健康のハウツー本とかじゃないでしょうね? 病気のことから離れないと意味ないですからね!

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧